コンテクストに基づく電子メールマーケティング

今日もマーケターは、電子メールのデータの軽量化、マルチチャネルの顧客接点におけるコミュニケーションの自動化、電子メールと他のチャネルの連携などの課題を抱えています。Adobe Campaignは、従来の電子メールマーケティングを刷新し、効果的でコンテクストに即した、包括的なキャンペーン運営を実現します。

コンテクストに基づいた電子メールマーケティングで可能なこと

顧客データの一元管理

オンラインデータとオフラインデータをひとつの顧客プロファイルに統合できます。これにより、顧客に適切なメッセージが届いているかどうかを確認できます。

電子メールの自動化

ワークフローデザインツールを使用してデータのセグメント化とクロスチャネルエクスペリエンスを管理し、自動的に配信される電子メールキャンペーンを展開できます。

電子メール配信ツールキット

クラウドベースのマーケティングソフトウェアと、専門知識を持つアカウントマネージャーやコンサルタントからのサポートを活用することで、電子メールマーケティングの成功率と、顧客の満足度を高めることができます。


JustAnswer、ツールの一元化で効率的なメッセージ管理を実現

JustAnswerのマーケティングチームは、Adobe Campaignを使用して業務の効率化を達成しています。3人の従業員で300万人の顧客を獲得した事例をご覧ください。
「Adobe Campaignの高度なソリューションは当社のニーズを満たすもので、より効果的なキャンペーンを展開するために役立っています」
— Kara Douglas氏(JustAnswer、電子メールマーケティング部責任者)

これからの電子メールマーケティングではコンテクストが重要

アドビのオンデマンドWebセミナーでは、アドビとForresterの専門家が、電子メールをどのようにパーソナライズし、コンテクストに対応させれば、顧客の行動を促すことができるかについてご案内します。