データを賢く利用する

セールスとマーケティングを統合することで、カスタマージャーニー全体にわたって一貫性のある魅力的な顧客体験を創出

カスタマージャーニーのポイントごとに、異なるソリューションで対応していては、あらゆる顧客接点全体をまたいで一貫性のある、パーソナライズされた顧客体験を提供することは困難です。アドビとマイクロソフトの連携を利用して、マーケティングとセールス間のデータ、プロセス、アクティビティを統合すれば、ひとつの顧客の全体像を組織全体で共有することができます。

マーケティングとセールスで情報共有

マーケティングとセールスで情報共有

Adobe CampaignとMicrosoft Dynamics 365 CRMの連携によって統合されたデータやプロセス、リードトラッキングを使用することで、セールスとマーケティングの両チームが同じインサイトを共有しながら、ROIの測定とその向上につなげることができます。

詳細な顧客プロファイルを一括管理

顧客のデータソースは、あらゆるビジネスセクションの垣根を超えて、自動的にひとつのプロファイルに集約されます。マーケティングやセールス、サービス、サポートに至るまで、一元管理されたデータにもとづく、より確かな意思決定が可能になり、顧客満足度の高いカスタマージャーニーを提供できます。
詳細な顧客プロファイルを一括管理

カスタマージャーニー全体をパーソナライズ

カスタマージャーニー全体をパーソナライズ

最適な顧客データを利用することで、顧客が複数のチャネルやデバイスを移動しても、連続性が保たれた顧客体験を一貫して提供でき、どの接点においても最高の顧客体験を提供できます。

統合された基盤全体にわたる統一サポートを提供

アドビカスタマーケアとマイクロソフトカスタマーサービス&サポートは、パートナーシップを拡大させ、ユーザーがあらゆる統合ソリューションの専門家やトラブルシューティングにアクセスできるようにしました。アドビとマイクロソフトは、両社の能力を結集し、最も大切なユーザーのために力を尽くします。

アドビのあらゆるソリューションをご覧いただけます。

Campaignのベストプラクティスに関するユースケースをお読みください。