視覚的にキャンペーンを編成/管理

手軽な方法でエクスペリエンスの設計、実行、管理をおこなえるようになります。シンプルなドラッグ&ドロップ操作で、マーケティングのコンテンツ、チャネル、計画、予算、リソースの管理を容易におこなうことが可能です。さらに、マーケティングの成果をリアルタイムで分析することもできます。

直観的なインターフェイス

操作が簡単なグラフィカルなワークフローとアイコンを使って、カスタマージャーニーを管理できます。ターゲティングとチャネル実施戦略を一元的に設計することができます。

キャンペーンの柔軟性

キャンペーンを柔軟に開始、中止、保留、再開など、変化する顧客のニーズに対応することができます。オンプレミス、ハイブリッド、クラウドなどの環境からキャンペーンを実行できます。

インテリジェント設計

オーディエンスのセグメンテーション、オファー、チャネルの選択からメッセージの表示とテストまで、視覚的なインターフェイスでキャンペーンを設計できます。

 

クロスチャネルのキャンペーン運営

視覚的なインターフェイスにより、一回だけの施策からトリガーメッセージまで、多様なチャネルにまたがるエクスペリエンスを判りやすく設定、自動化します。

キャンペーンを自在に展開

カレンダー、予算管理、承認、測定など、使いやすいツールを提供します。これにより、計画から実施、効果測定と最適化まで、マーケティングキャンペーンを管理できます。これにより、計画から実施、効果測定と最適化まで、マーケティングキャンペーンを管理できます。

計画

長期的視点に立ってキャンペーンをプランニングし、計画、活動、予算、成果をひとつの環境で効率的に管理できます。様々な部門に合わせて拡張、ローカライズすることも可能です。

実施

メールの配信状況、受信者の反応、キャンペーン施策のROIといった主要業績評価指標を測定し、キャンペーン活動を分析、評価することができます。

自動化

顧客のインタラクションとアクションにもとづき、カスタマージャーニー全体を通じてキャンペーンを自動化します。チーム内のプロセスだけでなく、データの収集、抽出、取り込みといったデータ管理も自動化することができます。

測定

キャンペーンの結果を測定し、成功、失敗、改善点を含む全体像を示します。そのうえで、データを収集してレポートを作成し、より的確な分析を可能にします。

日産は開封率とクリック率を200%向上

顧客データ、セグメント化、パーソナライゼーションを活用した1対1の電子メールマーケティングに注力することで、自動車メーカーである日産は、開封率とクリック率を200%向上させました。
日産

顧客とのつながりを強化する3つのステップ

消費者と企業のエンゲージメントのあり方が変わったいま、新たなコミュニケーションのあり方が求められます。その概念とは何か、実現に向けた3つのステップをご紹介します。

アドビのマーケティングソリューション

Campaignのベストプラクティスに関するユースケースをお読みください。