Adobe CampaignとEU一般データ保護規則(GDPR)

マーケティングキャンペーン管理
一般データ保護規則(GDPR)とは、EUで新たに定められたプライバシー法で、調和されかつ時流に沿ったデータ保護の要件を定めたものです。新たな要件や強化された要件も数多くありますが、中核となるのはデータ保護の一般的な原則です。新しいルールでは個人情報の定義が広範囲にわたっており、適用範囲が拡大されているので、EUに在住する個人に対して製品やサービスのマーケティングを展開するあらゆる企業が影響を受けます。アドビは、信頼されるべきデータ処理者(data processor)の立場としてGDPR遵守に努め、企業のGDPR対応への取り組みを支援します。

データ処理者としてアドビに課せられる要件の多くは、Adobe Campaignに備わる機能によって既に満たされています。企業がGDPRへの対応をよりスムーズに進められるよう、アドビはこの機会を活用して可能な限り新しい機能を追加できるよう取り組んでいます。とりわけ、アドビは個人(データ主体、Data Subject)の権利にもとづく要求(データアクセス要求、訂正要求、削除要求)への対応を容易にする機能の強化に尽力しています。アドビは、データ管理者(data controller)である企業と連携し、その対応を⽀援します。

space

データ主体としての個人の権利

Adobe Campaignは既に、データアクセス要求、訂正要求、削除要求に対応する機能を提供しています。さらに、データ処理者の作業を簡素化する新機能にも取り組んでいます。

 

推奨事項
  • データ主体の要求を受け、対応するためのプロセスを確立する。
  • Adobe Campaignに保存されている各種の個人データを確認して、一意のIDを決定する(複数のIDが存在している可能性あり)。
  • データ主体の身元確認に関わる検証や認証のポリシーとプロセスを確立する。
  • データ主体の要求を検討し、簡単に理解できるようにする。
space

同意取得に関するガイダンス

データ管理者である企業がオプトイン/オプトアウトの設定を管理できるようにすることは、リリース当初からのAdobe Campaignの基本理念です。データ管理者である企業は、Adobe Campaignに標準装備されているツールを利用することで、サービス内でのオプトアウトをあらゆる面から管理できます。これらのツールには、個人のオプトアウトをいつでも可能にする、アドビ標準のデータモデルに備わるオプトアウトフラグや、Adobe Campaignでホストされるビルド済みの登録解除ページなどが含まれます。GDPRの施行後も、同意の必要があるタイミングは変化しませんが、同意を得る方法は変化します。また、GDPRの規制に加えて、電子メールマーケティングのベストプラクティスと各国の法規も引き続き適用されます。

 

推奨事項
  • GDPRに準拠できるよう、電子メールの収集がおこなわれているあらゆる顧客接点の一覧を作成し、必要に応じて、同意取得の際の言語や手段、記録方法を変更する。
  • あらゆるマーケティング電子メールへの登録解除リンクの設置を確実にする。
  • 電子メールマーケティングのグローバル戦略を確認して、地域ごとに実装方法を決定する。

space

データの最小化

GDPRのデータ最小化要件に対応できるように、この機会を活用してデータ収集方法を見直します。

推奨事項
  • あらゆるデータインポートを見直し、Adobe Campaignに取り込まれているデータソースを把握して、現在どのフィールドがマーケティング活動に利用されているかを文書化する。
  • 利用されていないデータ属性をAdobe Campaignデータベースから削除する。
  • Adobe Campaignで利用可能なデータを本来の目的に沿って利用し、パーソナライズされた体験をオーディエンスに提供する。
space

ロールベースアクセスコントロール

Adobe Campaignでは、製品のユーザーまたはユーザーグループがアクセスできるデータを指定するだけではなく、ビジネスの目的に合わせた要求を許可できる詳細なユーザー設定を提供します。例えば、Adobe Campaignでは、データを外部に送信したり書き出したりできるユーザーを指定することができます。アクセス許可を適切に管理すればリスク軽減に向けて大きく前進できます。

 

推奨事項
  • Adobe Campaignのユーザーが、キャンペーンの実施に必要なデータだけを利用可能で、その他のデータにはアクセスできないことを確認し、必要に応じて更新する。

アドビとGDPR

GDPRへの対応を進める上で、どのようにアドビのソリューションが役立つのかをご覧ください。
エクスペリエンスビジネス
Adobe Analytics
Adobe Audience Manager