異なるデータを統合顧客プロファイルにまとめる

オンラインでもオフラインでも、顧客に関するあらゆる情報を一元的に統合します。これにより、顧客の興味に即したパーソナライズされたメッセージを提供することができます。

顧客データの統合

オンライン/オフラインを問わず、あらゆるチャネルで発生するインタラクションを追跡し、ひとつのプロファイルに統合します。

パーソナライズされたマーケティング

顧客データを利用して、クロスセル、アップセル、ロイヤルティなどのプログラムを提供できます。

Adobe Experience Cloudとの統合

Adobe Experience Cloudの8つの製品をフルに活用し、顧客データを収集して総合顧客プロファイルを構築できます。

ヒースロー空港がパーソナライズされた顧客体験の提供を開始

ヒースロー空港は、Adobe Marketing Cloudのターゲティング機能を活用し、旅行者ごとにパーソナライズされたエクスペリエンスを提供しています。
 
「顧客接点には、webサイトやモバイルアプリ、電子メール通信などが含まれるほか、SMS機能の開発も進めています。こうしたチャネルをまたいで顧客行動を追跡し、そのインサイトにもとづいてマーケティングを展開する必要があります。Adobe Campaignの統合された顧客プロファイルを活用して徐々にパーソナライゼーションを進め、時間と共に顧客関係を向上させることができます」
— Simon Chatfield氏、eビジネスおよびCRM責任者(ヒースロー空港)

顧客とのつながりを強化する3つのステップ

消費者と企業のエンゲージメントのあり方が変わったいま、新たなコミュニケーションのあり方が求められます。その概念とは何か、実現に向けた3つのステップをご紹介します。

統合された顧客プロファイルの事例を見る

オンラインとオフラインのマーケティングチャネルを介して1対1のメッセージを配信する手法の有効性についてご説明します。
 

アドビのマーケティングソリューション

Campaignのベストプラクティスに関するユースケースをお読みください。