ブランドと出会ってからたどるジャーニーは一人ひとり異なります。そうした消費者とつながりを保つには。 さらに詳しく ›
 
 

カスタマージャーニー一つひとつ大切に

 
 
万人のニーズに当てはまるエクスペリエンスというのは、もはや存在しません。顧客は一人ひとり異なるニーズを持ち、状況によって求めることも変化していきます。マーケティングキャンペーンは、カスタマージャーニーと呼ばれるこの顧客の変化の流れに寄り添う必要があります。その時点で顧客の選んだチャネルや興味関心に合わせて、適切なエクスペリエンスを提供できなければなりません。これを実現するためには、チャネルごとの対応では不足です。顧客のプロファイルを把握し、チャネルをまたいで適切なエクスペリエンスを提供し、反応にもとづいて対応できる仕組みが欠かせません。

ロイヤルティを強化するカスタマージャーニーを構築

カスタマージャーニーを構築

データを整備して、オンラインとオフラインチャネルの施策をつなげましょう。そのためには、顧客のアクションをトリガーとして、新たなメール配信が自動的に行われるような仕組みが必要になります。コンテンツの利用状況をもとに動的なプロファイルを作成して、顧客一人ひとりを把握します。見込み客からロイヤルカスタマーに至るカスタマージャーニーを綿密に計画し、それぞれの顧客接点で魅力的なエクスペリエンスを提供する堅牢なソリューションが必要です。

Adobe Campaign

アドビがお役に立ちます。Adobe Campaignが、キャンペーンをあらゆるチャネルにまたがってパーソナライズします。また、顧客のセグメント化とターゲティングを正確に実施できます。オンラインとオフラインの両方から得たデータを組み合わせて、ひとつの統合顧客プロファイルを作成できます。これにより、最適化されたメッセージをあらゆるチャネルに配信し、トリガー型の電子メールキャンペーンを展開するとともに、クロスチャネルマーケティングの効果を監視できます。


適切なメッセージを的確なデータとともに配信

マーケティングの質を向上させるには、マーケティングの効果を把握する必要があります。つまり、顧客接点がどのように利用されているかを明確に把握しなければなりません。
顧客の行動を明確につかむには、適切な仕組みが必要です。

アドビがお役に立ちます。Adobe Targetでは、2つのバージョンの電子メールを容易にテストできます。Adobe Analyticsは、あらゆるマーケティングチャネルにまたがるインサイトをリアルタイムに提供できます。2つのソリューションは統合されているので、顧客の行動に応じてパーソナライズされた電子メールを送信できます。


オーディエンスについて知る

 カスタマージャーニーにおけるオーディエンスを知る

データが分断されていると、オーディエンスについて理解するのは困難です。オーディエンスのことを知らなければ、年齢や購入頻度など、一般的な特性をもとにターゲティングした電子メールを配信するのは無理な相談です。データを緊密に連携させることのできる総合的な仕組みが必要です。

 
Adobe Audience Managerなら、あらゆるソリューションから顧客データを収集して、統合されたオーディエンスプロファイルを構築できます。これにより、電子メール、自社サイト、ソーシャル、検索、モバイルのどれにおいても同じ顧客をターゲットにできます。また、Adobe Media Managerでは、訪問者の行動をもとにパーソナライズされた電子メールを自動的に送信できます。
 

一貫性のあるモバイルエクスペリエンスをIT部門に頼らずに構築

カスタマーのために一貫性のあるモバイルエクスペリエンスをIT部門に頼らずに構築

モバイルサイトの構築は複雑になりがちで、しばしばIT部門の協力が必要になります。多様なデバイスに対応した一貫性のあるブランドエクスペリエンスを迅速に展開するためには、技術者の力を借りずに、素早く構築できる方法が必要です。

Adobe Experience Manager

アドビがお役に立ちます。Adobe Experience Managerなら、モバイル、タブレット、PCに対応した一貫性のあるエクスペリエンスを容易に構築できます。コードを記述する必要も、各種のデバイス向けエクスペリエンスを個別に構築する必要もありません。ひとつの同じコンテンツから、デバイスの種類に応じて自動的に調整されたサイトとページを生成できます。


魅力的なエクスペリエンスを素早く構築

顧客のために魅力的なエクスペリエンスを素早く構築
あらゆる担当者がアクセスできるようにアセットを管理しようとすると、かえって生産性が低下するおそれがあります。承認済みアセットが一元的に管理されていないと、プロセスはますます混乱します。
Adobe Experience Manager
アドビがお役に立ちます。Adobe Experience Managerが、アセットの一元管理を実現します。社内の関係者全員が、承認済みのアセットをすばやく見つけ出し、あらゆるチャネルのエクスペリエンスに組み込むことができます。Adobe Experience Mangerでは、クリエイティブコンテンツを顧客に容易に配信できます。

記憶に残るカスタマージャーニーを

記憶に残るカスタマージャーニーを
今日の消費者は、カスタマージャーニーのどの段階においても、最適化されたエクスペリエンスを求めています。複数のチャネルを切り替えながら使用することも例外ではありません。デジタルエクスペリエンスを提供するには、データ、インサイト、デジタルコンテンツを的確に組み合わせる必要があります。Adobe Marketing Cloudは、パーソナライズされた電子メールを配信し、コンテンツをテストし、顧客について詳細なインサイトを得るためのツールをすべて備えています。
アドビが選ばれる理由
今日の消費者は、カスタマージャーニーのどの段階においても、最適化されたエクスペリエンスを求めています。複数のチャネルを切り替えながら使用することも例外ではありません。デジタルエクスペリエンスを提供するには、データ、インサイト、デジタルコンテンツを的確に組み合わせる必要があります。Adobe Marketing Cloudは、パーソナライズされた電子メールを配信し、コンテンツをテストし、顧客について詳細なインサイトを得るためのツールをすべて備えています。
 
ブランドと出会ってからたどるジャーニーは一人ひとり異なります。そうした消費者とつながりを保つには。 

データを活用してエクスペリエンスを強化

どの業界でも、データは顧客エンゲージメントの強化に役立ちます。各業界を通じて、データドリブン型マーケティングはどのように役立つでしょうか。