エクスペリエンスの質が企業の将来を左右する

これは、今企業が直面している現実です。顧客は、あらゆるデバイスで一貫したエクスペリエンスを期待します。質の高いシームレスなエクスペリエンスは長期にわたるロイヤルティの確立に直結することが、複数の調査で明らかになっています。

エクスペリエンスの質が企業の将来を左右する

ひらめきの瞬間をとらえる

ひらめきの瞬間をとらえる
優れたエクスペリエンスには共通点があります。特徴となるのは、相手を引き付ける、自分ごとに感じるような体験です。Webサイト、モバイルアプリ、電子メール、大型スクリーンなど、あらゆる顧客接点で相手を魅了する質の高いデジタルエクスペリエンスを提供すること。これが企業のこれからの課題となります。

成功への確かな足がかり

一貫した質の高いデジタルエクスペリエンスをどのようなデバイスでも提供するためには、適切な仕組み(ツール)が必要です。まずは、堅牢なデジタル基盤です。全社展開にふさわしい堅牢さとセキュリティを備えたデジタルマーケティング基盤を選定しましょう。つまり、魅力あるエクスペリエンス構築に欠かせないコンテンツを大量かつ素早く制作し運営できるようにする、統合されたデジタル基盤です。

成功への確かな足がかり

コンテンツを自在に操る

人々の興味関心は移ろいやすいものです。そうした人々と接するコンテンツは、相手にふさわしく魅力的なものでなければなりません。そこで企業に求められるのは、質の高いコンテンツを素早く大量に作ることです。これには徹底的な効率化が欠かせません。そこでまず初めに、あらゆるアセットをひとつのハブへと集約しましょう。そうすれば、コンテンツを利用したい社内すべての部門が自在に活用できるようになります。

相手に寄り添う

相手に寄り添う
人々の期待に応えるには、心を読んで行動することが求められます。相手に合わせて臨機応変にエクスペリエンスを変えましょう。例えば、顧客が店舗へ近づいたとき、プッシュ通知を送信すれば、来店を促せるかもしれません。また、接客中の従業員がまさに必要としている情報を提供して、提案しやすくするのも効果的でしょう。競争で優位に立つには、相手の期待に応える一貫したエクスペリエンスをあらゆるデバイスへと提供し、状況に応じて素早く調整し、そのタイムリーな配信でオーディエンスを感心させることが必要です。
 

 

 

 

 

 

 

最高のエクスペリエンスを24時間、365日提供

優れたエクスペリエンスを提供するのを止めてよい期間などありません。顧客とのすべてのやり取り、あらゆる顧客接点でどのようなエクスペリエンスを提供するかは、ブランドに対するロイヤルティに影響を与えます。鍵となるのは、適切なデジタル基盤、コンテンツマーケティング、そしてエクスペリエンスです。これらを備えていれば、自社のビジネスにとって価値ある顧客と確固とした信頼関係を築くことができます。

ロイヤルティ獲得の鍵は俊敏性

現代の顧客には、移ろいやすく、情報通、しっかりした選択眼を持ち、囲い込みにくいという特徴があります。このような顧客のロイヤルティを獲得するため、マーケターに求められるのは俊敏性です。ホワイトペーパー「ニューノーマル:顧客体験こそ最優先」では、優れたエクスペリエンスを提供するための5つのステップをご紹介します。

さらに詳しく見る

 
エクスペリエンスの向上がどのようにビジネスの成果に結びつくのか、詳しい情報をご覧ください。
EC体験の差別化を図りたい
EC体験の差別化を図りたい
登録を簡素化、ペーパーレス化したい
登録を簡素化、ペーパーレス化したい
ニーズに合わせてタイムリーに提案したい
ニーズに合わせてタイムリーに提案したい