ビジネス変革への4つのステップとは ホワイトペーパーを読む ›
 
 

顧客とのつながりを保つために

 
 
デジタル時代の顧客対応には、相手の期待に応える新しいやり方が必要です。カスタマージャーニーのあらゆる段階で、期待通りのエクスペリエンスを提供しなければなりません。一連のコミュニケーションの途中で、やり取りが分断したと感じさせるのも不適当です。もし相手がデバイスを使い分けても、対話が途切れないようにすべきです。そのためには、顧客のことをよく理解し、パーソナライズされたメッセージと魅力的なオファーを提供する必要があります。コンテンツと顧客情報を別のシステムで管理していると、顧客の求めるエクスペリエンスを構築するためのインサイトを得ることが極めて困難です。

あらゆるチャネルに一貫したエクスペリエンスを提供する

アドビがお役に立ちます。

顧客は、モバイル、アプリ、Webでも、チャネルの種類を問わないシームレスなエクスペリエンスを期待しています。それに応えられなければ、顧客は離れていくでしょう。さまざまなデバイスを、さらにオンラインとオフラインをも横断する、ひとつの仕組みが必要です。

Adobe Experience Manager

アドビがお役に立ちます。
Adobe Experience Managerなら、PC、タブレット、モバイルに対応した魅力的なエクスペリエンスを容易に構築できます。コードを記述する必要も、各種のデバイス向けエクスペリエンスを個別に構築する必要もありません。ひとつの同じコンテンツから、店舗内ディスプレイも含め、様々なデバイスに合わせて自動的に最適化されたサイトとページを生成できます。 顧客はモバイルデバイスで取引を開始し、それをPCで引き継ぎ、タブレットで完了できます。取引をどこで中断しても、シームレスに再開できます。

適切な相手に最適なコンテンツをタイムリーに送信

アドビがお役に立ちます

カスタマージャーニーのあらゆる接点において顧客の関心を引き付けるためには、顧客がどのようにコンテンツに接しているかを理解することが重要です。そのためには、大量のデータを収集し、分析しなければなりません。得られたインサイトをもとに、コンテンツのテストと調整を続け、常にパーソナライズされた魅力的なコンテンツを提供するべきでしょう。エクスペリエンスを改善し、ブランドロイヤルティを向上させるためには、顧客のエクスペリエンスを把握し、インサイトを導き出せる総合的な仕組みが必要となります。

Adobe Target & Adobe Analytics

アドビがお役に立ちます。
Adobe Targetなら、2つのバージョンのオファーをテストして、どちらがより効果的かを判断できます。データにもとづいてパーソナライズされたコンテンツをリアルタイムに配信すれば、コンバージョンを向上させると同時に、作業負荷を軽減できます。Adobe Analyticsなら、インサイトをリアルタイムに入手できます。顧客がどこで離脱しているかを特定し、離れていった顧客との関係を再構築するためのメッセージや追加オファーを提示できます。受付確認メッセージや案内情報、販促オファーといったパーソナライズされたメッセージを、Web、アプリ、電子メールで送信できます。

フォーム入力の手間を省く

アドビがお役に立ちます

エンゲージメントが重要であることはよく知られています。多くの場合、フォーム入力はブランドとの関わりの第一歩である重要性から、その扱いはシンプルにする必要があります。フォームの記入、転送、承認にかかる時間を短縮し、手入力に伴うミスを減らすことが必要です。法的に有効な電子サインを利用したデジタルフォームを用意すれば、顧客の側で印刷やメール送信、Fax送信を行う必要はなくなり、全体的なプロセスが効率化されます。また、あらゆるチャネルやデバイスで利用できる安全なデジタルフォームを容易に作成できれば、大幅な時間の節約になります。

Adobe Experience ManagerおよびAdobe Document Cloud

アドビがお役に立ちます。
Adobe Experience Mangerなら、デバイスの種類に関係なく、フォーム処理のペーパーレス化、効率化、自動化を促進できます。フォームの入力を効率化し、提出までに要する時間を短縮できます。デバイスやブラウザーの種類ごとに個別のフォームを作成する必要はなく、ひとつのフォームをそれぞれの環境に自動的に最適化して表示できます。フォームの自動入力と入力値の検証を行うことで、データ入力エラーを低減できます。法的に有効な安全で信頼性の高い電子サインサービスを利用すれば、ファックスや郵送の必要はなくなります。 また、誰がどのような状況でフォームにアクセスできるかを制御できます。これにより、フォームはもっと便利なものになります。


オーディエンスを理解し、顧客を見つける

アドビがお役に立ちます

リピート購入者や特定の年齢層などに狙いを定めたコンテンツやオファーを提供するには、オーディエンスの構成を分析する必要があります。このようなインサイトを得るには、あらゆるデータソースを整えて集約できる仕組みが必要です。

Adobe Audience Manager

アドビがお役に立ちます。
Adobe Audience Managerが、あらゆる顧客データを集約し、統合されたオーディエンスプロファイルを構築します。これにより、Web、ソーシャル、検索、モバイルのどこでも、同じ顧客をターゲットにすることができます。すべてのチャネルで、同じオーディエンスセグメントに対して、一貫性のあるパーソナライズされたエクスペリエンスを簡単に提供できます。

顧客と有意義な関係を構築する

アドビが選ばれる理由

現代の顧客は、いつ、どこでブランドと接点を持つ場合でも、自分の期待に応える魅力的なエクスペリエンスが提供されることを望んでいます。あらゆるデバイスや環境をまたいで最適なデジタルエクスペリエンスを提供するには、データ、インサイト、デジタルコンテンツを的確に組み合わせる必要があります。

アドビが選ばれる理由

Adobe Marketing Cloudは、一人ひとりの顧客にパーソナライズされたエクスペリエンスを提供するために必要なツールをすべて備えた統合ソリューションです。PC、タブレット、モバイルだけでなく、店舗内ディスプレイにも対応した魅力的なエクスペリエンスを、コードを記述することなく構築できます。Adobe Document Cloudとの統合を通じて、法的に有効な電子サインに対応した、入力が容易なフォームを作成できます。実行しやすいテストを通じて、最適なコンテンツを特定できます。顧客に関する深いインサイトを入手できます。Adobe Marketing Cloudなら、エンゲージメントとロイヤルティを構築するための、継続的なエクスペリエンスをあらゆるデバイスに提供できます。

相手に寄り添う体験を提供するには?チャネルを使い分ける顧客行動へ応えるために、企業が考慮すべきカスタマージャーニー、シームレスな体験の維持とはどのようなものか、そしてアドビがどのようなソリューションを提供できるかをご紹介します。

マーケティングの新しい可能性

コンテンツマーケティングを効率化したい
効率的で安心できる基盤を構築したい
顧客登録や申込を簡素化したい