顧客を引き付けるコンテンツを活用して優れた顧客体験を実現するのに不可欠な7つのトレンドとは。ホワイトペーパーを読む ›

コンテンツを有効活用して、よどみないエクスペリエンスを

ブランドメッセージを判り易く伝え、共感を得るために、コンテンツマーケティングの重要性は高まるばかりです。そうしたコンテンツを届けるチャネルは、自社のブランドサイト、モバイル、動画、ソーシャルなど多様です。そこでチャネルごとに適したコンテンツをすばやく作成し、相手に合わせて提供することができたら、理想的でしょう。しかし、これは簡単なことではありません。まず、コンテンツをもっと多く、もっと早く用意しなければなりません。 また、社内外の関係者と連携しつつ、多くのプロジェクトをうまくさばかなければなりません。プロジェクトやアセットを効率的に管理するための仕組みも欠かせません。そしてキャンペーンを展開したら、カスタマージャーニー全体におけるその効果を知りたいことでしょう。

ワークフローを効率化

アドビがお役に立ちます

複数のチャネルに向けてより多くのキャンペーンを展開するには、制作担当とマーケティング担当のやり取りを効率化しなければなりません。もちろん、制作作業を妨げないようなワークフローが求められます。コンテンツの作成から提供まで、制作プロセス全体を効率化するには、各作業をシームレスに管理できる統合ソリューションが必要です。


アドビがお役に立ちます。
アドビ製品ファミリーによる連携したワークフローは、制作チームの混乱を解消し、市場投入までの時間を短縮します。緊密に統合されたAdobe Creative CloudとAdobe Marketing Cloudにより、アセットの制作、確認、承認を一元的に実行できるので、時間の節約と負担の軽減になります。Adobe Creative Cloudに含まれるAdobe Illustrator、Adobe Photoshop、Adobe InDesignといったPCアプリケーションから、ワークフローに直接アクセスできます。また、Adobe Experience Managerを利用して、あらゆるアセットを一元管理できます。

コンテンツを集約する

アドビがお役に立ちます

マーケティング施策で扱うアセットは膨大になります。アセットを扱うマーケターや制作者、代理店側担当者などの誰もが必要なアセットをすぐに探し出し、様々なチャネルで一貫したエクスペリエンスを構築するためには、あらゆるアセットを集約して管理する仕組みが不可欠です。堅牢なアセット管理ソリューションがあれば、最新の画像や動画などをあらゆるチャネルで的確に利用する仕組みが整います。

Adobe Experience Manager

アドビがお役に立ちます。
 Adobe Experience Managerが、PC、タブレット、モバイルに対応した、一貫性のある魅力的なエクスペリエンスを容易に構築します。しかも、開発のためにコードを記述する必要はありません。デジタルアセット管理が容易になり、ディスプレイサイズやデバイスごとにコンテンツを構築する必要もありません。Adobe Experience Managerが、ひとつのコンテンツから、店舗内ディスプレイも含めたさまざまなデバイス向けに自動的に調整されたサイトとページを生成します。 最新のデジタルアセット管理では、クリエイティブコンテンツをあらゆるマーケティングチャネルに素早く容易に配信できます。


あらゆるチャネルで心をつかむ

アドビがお役に立ちます

相手の印象を高めるには、サイトやモバイル、動画、ソーシャルなど、どのチャネルにおいてもエクスペリエンスに一貫性が求められます。 そしてそれは効率的でなければ持続しません。対応すべきチャネルが増えればコンテンツもより多く必要となり、それはコスト増加やプロセスの複雑化を招きます。何か対応するたびにIT部門を頼ることなく、どのような画面やデバイスにも一貫性のあるエクスペリエンスを提供することのできる仕組みが求められます。

Adobe Experience Manager
アドビがお役に立ちます。 Adobe Experience Managerなら、PC、タブレット、モバイルに対応した、1つの魅力的なエクスペリエンスを容易に構築します。しかも、開発のためにコードを記述する必要はありません。ひとつの同じコンテンツから、デバイスの種類に応じて自動的に調整されたサイトとページを生成できます。ソースコードを1回更新するだけで、サイトとモバイルアプリの両方に変更を適用できます。デバイスやスクリーンごとに個別に更新する必要はありません。Adobe Experience Managerなら、PCサイトとモバイルサイトを別々に制作することなく、両方のオーディエンスの心をつかみます。

最適化されたコンテンツで効果的にリーチ

アドビがお役に立ちます

何が効果的で、何が効果的でないかを知る必要があります。顧客がサイトやキャンペーンにどう反応しているかを把握すれば、エクスペリエンスを微調整したり、思いどおりの成果が出ていない部分を改良したりできます。ただし、これを迅速に行うには、エクスペリエンスとブランドロイヤルティの向上につながる有益なインサイトをもたらす統合ソリューションが必要です。

Adobe Target & Adobe Analytics

アドビがお役に立ちます。
Adobe Targetなら、2つのバージョンのキャンペーンをテストして、どちらがより効果的かを容易に判断できます。データにもとづいてパーソナライズされたコンテンツをリアルタイムに配信すれば、コンバージョンを増やすと同時に、作業負荷を軽減できます。また、Adobe Analyticsでは、インサイトをリアルタイムに得ることができます。アドビのデータ視覚化機能とダッシュボードを利用すると、顧客が判断を下すまでの経緯を追跡できるので、それを踏まえてより魅力的なエクスペリエンスを構築できます。

 

 


迅速なパーソナライズに必要な機能を網羅

アドビが選ばれる理由

膨大な量のアセットと複数のキャンペーンを多様なチャネルに向けて効果的に展開するには、コンテンツを制御し、パーソナライズされたエクスペリエンスを素早く構築して提供する必要があります。

アドビが選ばれる理由

アドビの統合ソリューションには、あらゆるチャネルとデバイスに一貫性のある魅力的なエクスペリエンスを提供するために必要なツールがすべて揃っています。膨大な量のマーケティングアセットを一元的に作成、管理できます。実行しやすいテストを通じて、最適なコンテンツを特定できます。顧客に関する深いインサイトを入手できます。Adobe Creative CloudとAdobe Marketing Cloudを組み合わせれば、一人ひとりの顧客にいつでも適切なエクスペリエンスを提供できます。

コンテンツを自在に操るには?一人ひとりを魅了するためのコンテンツを提供するうえで企業が直面する課題、あるべきワークフロー、そしてアドビがどのようなソリューションを提供できるかをご紹介します。

マーケティング成果を高めるために