マーケティング部門の柔軟性と

IT部門の時間の節約を同時に実現

Adobe Experience ManagerがIT部門にもたらすメリット

Adobe Experience Managerは、IT部門が率先してマーケティング基盤を構築し、マーケティング部門のために、適切なエクスペリエンスをすばやく提供できる仕組みを提供します。この基盤により、マーケターが使用するテンプレート、デザイン、Webコンポーネントを開発します。すると、マーケターはコンテンツ制作や日々のデジタルマーケティング活動を効率的に展開できるようになります。

柔軟性と管理のしやすさ

システムはIT部門の制御下に置きながら、マーケター自身が必要に応じて変更を加えられる仕組みを実現できます。

迅速な実装

包括的なツールと、すぐ使用できる多様なコンポーネントにより、すばやく開発できます。

IT部門のニーズに対応するAdobe Experience Managerの特長

 

オープンで標準規格に準拠
オープンかつ標準規格準拠のフレームワークとリポジトリが用意されているので、既存のあらゆるエンタープライズ環境と統合できます。
アジャイル開発
テンプレート、ドラッグ&ドロップによる容易な設定、自動配信などを活用して、開発を容易に行うことができます。
モバイル
今日使用されている主要なモバイルプラットフォームに対応し、標準機能でフィーチャーフォンやスマートフォン、タブレット向けの開発に対応しています。
コンテンツを活用
アセットの発行、メンテナンス、配信を効率的に行えるように複数のブループリントを設定できます。
クラウドの俊敏性
Adobe Experience Managerをクラウド上に実装することで、マーケティングキャンペーンの展開を効率化し、運用コストを削減できます。

Adobe Experience Managerの展開には、

Managed Servicesが効果的です

アドビがホスティングとサポートを一手に引き受けるので、必要なときに支援を受けることができ、セキュリティや柔軟性の面でも心配は不要です。それ以外に手間や経費がかかることはありません。