機能拡張で作業効率もアップ

Adobe Experience Managerの機能は継続的に拡張されており、新機能はリリース後すぐにお使いいただけます。最新機能の詳細をご覧ください。
Adobe Experience Manager Mobile

Adobe Experience Manager Mobile

このコンポーネントはAdobe Experience Managerに新たに加わりました。モバイルアプリを活用して優れたエクスペリエンスを提供できます。魅力的で洗練されたアプリを容易に構築し、管理することで、ビジネス上の課題を解決できます。Adobe Marketing Cloudのパワーを活用し、完全な統合とインサイトを実現します。さらに、ビジネスのやり方をスピーディかつ容易に変革するアプリを構築できます。

Adobe Experience Manager Sites

 

テンプレートエディター
マーケティング担当者自身で新しいテンプレートを作成できます。従来のようなコーディング作業やIT部門への依頼は不要です。Webサイトのページであろうと、レスポンシブ対応のランディングページであろうと、業務担当者が必要に応じて新しいテンプレートをすばやく作成し、ページ構造とレイアウトを管理することができます。
自由度の高いコンテンツ
テンプレートに縛られず、複数チャネル間でシームレスに利用するためのフリーフォームのモジュール式コンテンツを作成できます。好きな方法でコンテンツを作成できます。Adobe Experience Managerは、こうした自由度の高いコンテンツフラグメントとバリエーションを管理し、確実に適切なチャネルに配信します。
オムニサーチエクスペリエンス
モバイルコンテンツやWebコンテンツ、デジタルアセット、プロジェクトなど、あらゆるものをAdobe Experience Managerで検索できます。入力時に表示される検索候補と、スペルチェックを使用して、従来よりもすばやく結果を得られます。
Adobe Experience Manager Screens
実店舗内のスクリーンに対しても、PCやタブレット、スマートフォンと同様にシームレスなエクスペリエンスを提供します。大画面コンテンツの管理を、他のコンテンツとともに単一プラットフォームによって行います。また、画面の設置場所、チャネル、ディスプレイ固有機能も管理できます。インタラクティブなタッチ操作に最適化されたエクスペリエンスを、多様な場所や画面に対して提供します。大画面にも容易に展開できます。
Adobe Targetの統合強化
特定のセグメントとコンテンツだけでなく、デジタルエクスペリエンス全体へとターゲティングします。Adobe Experience ManagerとAdobe Targetの強力な機能を組み合わせることで、事前定義済みの変数とビジネス指標を使用したチャネル間でのターゲティングが可能になります。また、Adobe Experience Managerインターフェイスから直接オーディエンスを作成、管理したり、ABテストを実施して、コンテンツマーケティング成果をきめ細かく調整することもできます。

Adobe Experience Manager Assets

 

ブランドポータル
承認済みアセットは、社内チームのメンバーや、外部の代理店やパートナー、販売店などの関係者なら、だれでもオンデマンドで利用できます。独自ブランドの安全なWebポータルでアセットを検索して、チャネルに適した正しいバージョンを選択し、すぐに使用できます。
アセットのインサイト
最も頻繁に使用されるアセットや、それらが使用される箇所、クリックスルー回数が最も多いアセットなどを見極め、より効果の高いキャンペーンを作成できます。パフォーマンスの高いアセットを調べて、新しいチャネルで再利用したり、将来のキャンペーン作成のヒントとして使用できます。
スマート検索
適切なメタデータをアセットに自動的に追加することで、アセットの検索をスピードアップし、タグ付けに要する時間を節約します。類似検索を使用して、参照画像とよく似た品質の画像を検索できます。また、Adobe Experience Manager全体の検索や、検索候補の表示、検索用語のスペルチェックなど、強化された機能を活用できます。
インタラクティブなショッパブルメディア
商品詳細にマッピングされたホットスポットや、リードジェネレーション用のフォーム、購入ボタンなどを含むインタラクティブなカタログ、動画、広告バナーをすばやく制作できます。Adobe Experience Managerのすぐに使えるレスポンシブでインタラクティブなビューアーコンポーネントを活用して、容易なドラッグアンドドロップ操作や、任意のWebプロパティへのコード埋め込みによってコンテンツを配信できます。
カルーセルビュー
回転式の広告バナーをコーディングなしに作成、編集できます。そのため、キャンペーンコンテンツを迅速に公開でき、テストやターゲティング用のバリエーションをいくつも開発できます。シンプルなドラッグアンドドロップ操作で、製品情報にリンクするホットスポットなどのインタラクティブ機能をカルーセル内の画像に追加でき、そのコンテンツをあらゆる画面に容易に配信できます。

Adobe Experience Manager Communities

 

ブログ
コンテンツ発行側のコミュニティメンバーに使いやすいブログオーサリングツールを提供します。リッチテキスト編集、インライン画像と動画用のドラッグアンドドロップサポート、コメント投稿ツール、公開日時のスケジュール機能などがあります。
カレンダー
特定のテーマで人を呼び集めるためのライブイベントや仮想イベントを作成できます。メンバーにはイベントに関するカレンダーアイテムの作成と、メンバーコメントの追加を許可し、強固なコミュニティを構築できるようにします。
Q&A
コミュニティの主導による質疑応答を通じて、知識の共有を促進します。コミュニティのメンバーは、質問と回答をやり取りし、ベストアンサーを上の方に表示します。
ゲーミフィケーション
バッジ報酬機能を使用して、コミュニティ内の個々のメンバーに、貢献度に応じて報酬を与えます。貢献度にもとづくバッジをメンバーに表示させるか、コミュニティのモデレーターなど、メンバーを識別するのに役立つバッジを割り当てます。
エキスパートの特定
各分野の専門家をコミュニティ内で特定し、自社アーンドメディア上でのアドボカシーやエンゲージメントを強化します。コンテンツ固有の変数によって専門分野の基準を設定し、コミュニティの信頼性にもとづいてメンバーの専門知識を重み付けします。
リソースの活用
コミュニティメンバーが検索可能なリソースカタログを通じて新しいトレーニングコンテンツを探せるようにします。向上したアサインメント追跡機能を使用して、メンバーが学習の進捗状況や期限、完了状況を視覚的に追跡できるようにします。学習コースを、現場で実施されるトレーニングの要素と容易に統合できます。
コミュニティのレポート
サイトトラフィックやコンテンツセンチメントといった一般的なコミュニティ機能に関するレポートを標準で利用できます。これらのレポートは、コミュニティの健全性とエンゲージメントのより深い理解に役立ちます。また、各コミュニティ機能のデータを使用してAdobe Analyticsでカスタムレポートを作成し、Adobe Experience Managerのダッシュボードに直接表示します。

Adobe Experience Manager Forms

 

Form Authoring Editors
業務担当者のための新しいオーサリングツールセットを活用できます。テーマエディターを使用して、そのまま使えるテーマを適用したり、ブランディングした独自のテーマを作成したりできます。コーディングやスクリプティングの必要なく、視覚的なルールエディターを使用して動的な仕組みをフォームに追加します。そのまま使えるグラフコンポーネントを活用し、複雑なデータを視覚的に表現することもできます。
強化されたモバイルアプリサポート
フォームを一度作成すれば、それを複数のチャネルにわたって配信でき、Adobe Experience Manager Mobileで構築したアプリにも配信できます。フォームアプリが強化され、iOSやAndroidに加えて、Windows 8.1搭載のMicrosoftやSurfaceタブレットもサポートされるようになりました。これにより、現場担当者のリアルタイム情報アクセスを増やすこともできます。
よりシンプルな電子サイン
カスタマージャーニーのあらゆる段階のフォームやドキュメントプロセスに、安全で法的に有効な電子サインを追加します。Adobe Signとシンプルなユーザーインターフェイスがより緊密に統合されたことで、顧客や従業員がいつでも、どこでも、どこからでも容易にサインすることができます。
強化された分析ダッシュボード
すぐに使える分析ダッシュボードで、コンバージョンファネルに関するより深いインサイトを得られます。Adobe Analyticsとの統合により、ダッシュボード上で、顧客がフォームやドキュメントの表示と送信に使用しているブラウザ、OS、言語といった新しい情報を確認できます。
フォームやドキュメントのローカライズ
統合されたプロセスとツールを使用して、フォームやドキュメントのコンテンツを複数の言語に翻訳でき、より多くの見込み客にリーチし、コンバージョンできるようになります。

ビジネスの問題を解決する方法を紹介します。

Adobe Experience Managerのベストプラクティスに関するユースケースをお読みください。