データを賢く利用する

顧客を真に理解すれば、コンテンツを柔軟にパーソナライズできるようになります

顧客を魅了するには、顧客を理解していることを、顧客に示さなければなりません。Adobe Experience ManagerとMicrosoft Dynamics 365 CRMの連携により、ひとつの顧客プロファイルを更新し続けることで、顧客一人ひとりに合わせたパーソナライゼーションが可能になります。

パーソナライズされたweb体験を創出

パーソナライズされたweb体験を創出

高い拡張性も特徴のひとつです。Microsoft Dynamics 365とAdobe Experience Manager Sitesの連携により、セールスとマーケティングの両チームが同じプロファイル情報を共有し、 高い精度でターゲティングされたキャンペーンの展開、コンバージョン率の向上、ソーシャルメディアへの効果的な働きかけを大規模に展開できます。

パーソナライズされたコンテンツを組織全体で共有

 
Adobe Experience Manager AssetsとMicrosoft Dynamics 365を使用して集中管理されたコンテンツや画像をパーソナライズすることにより、クリエイティブアセットを組織全体で容易に共有できます。
 
 
パーソナライズされたコンテンツを組織全体で共有

パーソナライズされたフォームで入力を容易に

パーソナライズされたフォームで入力を容易に

フォーム入力や登録プロセスを作成、自動記入、カスタマイズできます。リードの創出その他のアクティビティは、Adobe Experience Manager FormsとMicrosoft Dynamics 365の間で自動的に同期されます。

統合された基盤全体にわたる統一サポートを提供

アドビカスタマーケアとマイクロソフトカスタマーサービス&サポートは、パートナーシップを拡大させ、ユーザーがあらゆる統合ソリューションの専門家やトラブルシューティングにアクセスできるようにしました。アドビとマイクロソフトは、両社の能力を結集し、最も大切なユーザーのために力を尽くします。

ビジネスの問題を解決する方法を紹介します。

Adobe Experience Managerのベストプラクティスに関するユースケースをお読みください。