広告とサブスクリプションの収入を最大化

Adobe Primetime

Adobe Primetimeとは

Adobe Primetimeは、放送局やケーブルネットワーク、サービスプロバイダーのためのクラウドサービスです。データとテクノロジーを活用して、広告とサブスクリプション収入の拡大を支援します。

広告の無駄を削減
Adobe Senseiの機械学習を活用し、ニールセンのデジタル広告視聴率にもとづいて、キャンペーンの無駄を削減します。


最適なテレビ番組をあらゆるデバイスに配信

加入者の求めるテレビコンテンツをあらゆるデバイスに配信しながら、アカウントの不正共有を防止します。

広告ターゲティングの精度を向上

データと動的な広告挿入機能を利用して、広告ターゲティングの精度を向上させ、インベントリの収益を増やします。
質の高い動画体験を提供
あらゆるデバイスとプラットフォームをまたいで高品質な動画広告をオーディエンスに提供します。

Adobe Primetimeは385%のROIをメディア企業にもたらしています

 

IDCの最新レポートで詳細を読む

 


Primetimeの機能


広告収入を増加

 
費用の最適化
機械学習を活用して、広告キャンペーンの無駄を大幅に削減します。
 
動的な広告挿入
世界有数のメディア企業各社は、Primetimeの動的な広告挿入機能を利用して、大規模なライブイベントの際にテレビ放送品質のターゲティングされた動画広告を提供しています。

サブスクリプション収入を増加


認証
北米の有料テレビ加入世帯の99%をサポートする、エミー賞を受賞したソリューションによって、有料テレビ番組を任意のデバイスに提供できます。

同時視聴数のモニタリング
あらゆるストリーミング有料テレビにおいて、アカウントの不正共有を削減します。

TVSDK
統合されたひとつのワークフローを使用して動画を作成し、あらゆるデバイスとプラットフォームをまたいで提供できます。




番組制作者のためのPrimetime

番組制作者はデータとテクノロジーを活用し、広告在庫の収益を最大化できます。

放送事業者のためのPrimetime

放送事業者はデータとテクノロジーを活用し、広告とサブスクリプションから得られる収入を増やすことができます。
 


Primetimeの活用法

広告とサブスクリプションの収入を増やすために必要となる、あらゆる答えとリソースがここにあります。


Primetime活用の成功例

Jストリーム

日本における動画配信の先駆者であるJストリームは、Adobe Primetimeテクノロジーを活用した、日本市場向けのサービスを展開しています。

 

NBC社は、Primetimeを利用してあらゆるサイズのデバイスにライブスポーツを配信しています。

 

大手ケーブルテレビ会社は、Primetimeを利用して各種サービスを新しいデバイスに配信しています。
 
フランスのテレビ局M6は、Primetimeを利用してテレビ番組のモバイル配信を始めています。

優れた番組をストレートに届ける

Primetimeで理想的な視聴体験を顧客に提供する方法をご覧ください。

ビジネスの問題を解決する方法を紹介します。

ストリーミング動画のベストプラクティスに関するユースケースをご覧ください。