広告戦略にクリアな視界を

広告主は、常にさまざまな変化に直面しています。新しいテクノロジー、増加するチャネル、顧客データの変化などにより、広告の買い付けは複雑になる一方です。問題は、従来はアドテクノロジ―がブラックボックスのようで、マーケターは効果が明確でないまま、予算投下を余儀なくされてきたことです。広告買い付けのテクノロジーを可視化しましょう。

広告自動取引/プログラマティック

可視化によるメリット

広告自動取引の可視化が重要です。効果を正確に見極めることができれば、戦略の調整は容易になります。マーケターは、やみくもな広告出稿ではなく効率的に、また、広告支出に関する視覚的なレポートをもとに状況をコントロールする必要があります。プログラマティックな広告の買い付けを可視化することで、多くの手間が省けます。

自動化により最善の選択を

可視化するだけでは十分ではありません。実際に広告の買い付けを効率化するためには、次のような仕組みが必要です。

分析ツールを活用し、適切なプロセスで顧客インサイトを獲得します。

顧客の動向を把握するためにデータを活用し、価値ある顧客に対して適切なエクスペリエンスを提供します。
 

あらゆるデータソースから、一人ひとりのオーディエンスプロファイルを作成します。ペイドやオウンド、アーンドメディアにおけるキャンペーン精度を高めます。
 

あらゆるデータを活用

効果的なコンテンツを作成するには、ターゲットとするオーディエンスを明確にイメージできなければなりません。そのためには、オーディエンスをよく知ることが必要です。データの力を借りれば、相手を理解することができます。アドビのソリューションなら、ファースト/セカンド/サードパーティのあらゆるデータを利用して、オーディエンスを詳細に定義し、メッセージをパーソナライズできます。

一人ひとりに合わせて

どこにでも同じ広告を掲載すれば済む時代は終わりました。顧客は一人ひとりに応じてパーソナライズされたエクスペリエンスを期待しており、その要求は高まる一方です。このような期待に応えるには、適切な広告を最適なオーディエンスに表示する、高度に自動化されたシステムが必要です。プログラマティック広告により、期待を上回るサービスの提供が可能になります。

 

 

 

明確な方向性

顧客の期待に応えるには、広告買い付けの自動化が欠かせません。しかし、自動化することは、管理を放棄することではありません。透明性の高い仕組みを使えば、広告買い付けのプロセスを簡素化して、資金がどのように使われているか、顧客が期待通りの優れたエクスペリエンスを得ているかを把握することができます。
 

多様化する広告運用の未来は

複雑化するデジタル広告。これまでの広告運用では、顧客にとって適切な体験にはなりません。未来の広告取引のあり方を解説します。

マーケティング成果を高めるために

広告買付を簡素化するプログラマティックの導入に、デメリットはありません。拡大する顧客ベースに応じて、効果的な広告買付を行う方法をご覧ください。