Adobe Analytics Standard

データからビジネスストーリーを導き出し、顧客対応に活用 

Adobe Analyticsは、Adobe Marketing Cloudに含まれるアナリティクスソリューションです。リアルタイムのマルチチャネルデータにもとづいて、顧客理解、ビジネスチャンスの発掘、課題発見に役立ちます。Adobe Analyticsと、Adobe Marketing Cloudに含まれる他のデジタルマーケティング機能を統合することで、ビジネス目標や顧客とのやり取りにデータインサイトを活用できます。
 
Predictive Intelligence
エクスペリエンスを向上
すべてをデータと事実から判断します。優良顧客との関係を深めたり、有望顧客を見つけるための方法を、推測ではなく、根拠のあるデータから導き出すことができます。
360-degree customer analysis
あらゆるデータを集約
様々なマーケティングチャネルからのデータをリアルタイムに集約することで、現状をトータルに把握し、総合的な顧客像を描くことができます。
Cross-channel attribution
情報を全員で共有
使いやすい共有機能や送信機能を使用して、目標達成に必要な最新のインサイトをチームや部門、組織全体で共有できます。

Adobe Analyticsの機能

レポートとダッシュボード
データはダッシュボードと詳細レポートにまとめられ、視覚的に表示されます。ダッシュボードとレポートは電子メールとモバイルを通じて共有できます。
高度分析
(Ad hoc analysis)
データを掘り下げ、顧客の全体像を深く正確に把握できます。訪問者像を正確に理解できれば、機会の発見にもつながります。
 
分析ワークスペース
(Analysis workspace)
ディメンション、指標、セグメント、日付範囲を自由に組み合わせ、多様な切り口で比較分析できます。
 

セグメンテーション
様々な切り口で訪問者をセグメントに分け、比較や分析することで、有用な顧客セグメントを発見できます。
リアルタイムオートメーション
分析だけでは終わらせません。リアルタイムおよびルールベースの自動意思決定ツールを利用して、分析結果を具体的な行動に結び付けます。
顧客の維持
顧客の利用状況を分析し、顧客離れの原因をより的確に把握します。

Webアナリティクスから発展したアドビは、マーケティング分析のリーダー

アドビは、顧客分析ソリューション分野のForrester Waveでリーダーと評価されました。

ビジネスの問題を解決する方法を紹介します。

Adobe Analyticsのベストプラクティスに関するユースケースをご覧ください。