オーディエンスのセグメンテーション

多次元型ターゲティングを使用し、顧客プロファイル内のあらゆる変数にもとづいて、セグメントを作成します。 Adobe Campaignでこれらのオーディエンスを活用し、マルチステップのクロスチャネルプログラムで使用したり、他のAdobe Experience Cloudソリューションと共有したりできます。


キャンペーンの価値向上

的確なターゲット設定をすれば、望まれないメッセージを的外れな顧客に送って、貴重なマーケティング予算を無駄にするのを防げます。顧客の関心や場所、チャネルの好みなどを理解することが、成果を伴うパーソナライズされた顧客体験を構築するための鍵になります。

統合顧客プロファイルのデータの一部を利用して、セグメントを簡単にカスタマイズできます。例えば、自動車のタイプにもとづいてセグメンテーションをおこなった場合は、よく運転をする人に絞ってメッセージを送信できるようになります。このように、オーディエンスのセグメントを定義しておけば、Adobe Campaignのクロスチャネルプログラムに利用したり、他のAdobe Experience Cloudのソリューションで使えるようにエクスポートしたりできます。

Adobe Experience Platformを利用すれば、Adobe Analyticsを含む、オンラインとオフラインのソースから収集された豊富なデータに直接アクセスし、それらを統合顧客プロファイルに集約して、Adobe Campaign内でよりきめ細かく顧客のセグメンテーションをおこなうことができます。

画像

主な機能

統合顧客プロファイル
データポイントが増えれば増えるほど、セグメンテーションとレポートの精度が高まります。オンラインとオフラインのデータソースをAdobe Campaignで結び付けて、より詳細で適切なセグメンテーションをおこなうことができます。

視覚的なセグメンテーションツール
単一のビジュアル環境によって、チャネルワークフローとターゲットのセグメント設定をひとつにまとめ、顧客一人ひとりのカスタマージャーニーをガイドできます。

動的なリスト選択
リストを手動で更新しなくても、行動や購入資格にもとづいて、自動的に連絡先を各セグメントに登録したり登録を解除したりできます。

Adobe Experience Managerとの連携
Adobe CampaignとAdobe Experience Managerを連携すれば、電子メール作成を効率化できます。ひとつの電子メールを複数のバージョンに容易に変換できるため、単一のキャンペーンでそれぞれのオーディエンスに電子メールを作成する時間と手間を削減できます。
連携のヒントを読む

関連機能

顧客プロファイル

顧客プロファイルを活用して、既存のレコードに新しい属性や表を追加し、キャンペーンデータの拡張や強化をおこないます。

Adobe Analyticsとの連携

Adobe CampaignとAdobe Analyticsを連携することで、クロスチャネルレポート、複数のチームをまたいだオーディエンスの作成と共有、リマーケティングトリガーのリアルタイム活用を可能にします。

データコネクタ

データコネクタを使用して、CRMやeコマースプラットフォーム、POSシステムなどのビッグデータソースを接続します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Campaignの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Campaignの機能についてご案内します。