キャンペーン管理

ドラッグ&ドロップによる視覚的なワークフローインターフェイスを通じて、複数のデータソースを管理し、オーディエンスセグメントを定義して、マルチステップのクロスチャネルキャンペーンを計画し、実行します。


より質の高いデータ管理のためのキャンバス

消費者が期待するのは、流れるようにシームレスなエンゲージメントです。しかし企業ではまだ、電子メールやソーシャル、モバイル、webサイトなどのチャネルで、ばらばらにキャンペーンを管理しています。企業のマーケティングテクノロジーに欠けているのは、連続性のある、適切で魅力的なエクスペリエンスを容易に提供するためのキャンペーンツールです。

アドビのキャンペーン管理ツールがあれば、ドラッグ&ドロップによる視覚的なワークフローキャンバスを使って、オーディエンスの作成やセグメンテーションを容易におこなえます。マーケティング施策を完全に制御し、プロファイルの統合やクロスチャネルの連携、コンテクストに即した電子メールキャンペーンなど、より質の高いエクスペリエンスを構築できます。容易な実装分割、自動トリガーによるインタラクション、一時停止、重み付け、そして電子メールとモバイル、オフラインのマーケティング施策のデザインを、この単一の視覚的なインターフェイスでおこなえます。さらに、チームの技術担当者は、ワークフロー、キャンペーン、配信手段、スキーマのどのような構成でも、開発環境から本番環境に書き出して、より優れた品質保証、信頼性、セキュリティ、バージョン管理を確保することができます。

主な機能

計画
長期タイムラインにわたるキャンペーン計画をおこない、活動、予算、スケジュール、結果を単一の統合されたマーケティングプラットフォームの中で効率的に管理できます。

オートメーション
顧客エンゲージメントにもとづいてキャンペーンを自動化できます。キャンペーン計画、データ管理、展開を合理化して、社内の共同作業を強化し、反復的な手動プロセスを排除します。

測定
キャンペーン結果を測定して、何が機能していて、何が機能していないか、どうすれば改善するか、といった全体像を把握できます。そのうえで、データを収集してレポートを作成し、より的確な分析を可能にします。

展開
オンラインとオフラインの両方で、パーソナライズされたチャネルを通じて顧客にリーチするキャンペーンを展開できます。動的コンテンツを含んだレスポンシブな電子メールを、Adobe Campaignから直接、テストして送信します。

ルール
顧客別またはチャネル別に接触回数を制限して、メール疲れの可能性を軽減できます。また、エンゲージメントの個別変更にもとづいて、接触頻度を順応させるルールをその場で設定することも可能です。

Adobe Campaignのキャンペーン管理の詳細

事例から学ぶ

シドニーオペラハウスは、キャンペーン管理ツールを使ってトレンドの分析とインサイトの獲得をおこない、訪問客とオンラインビジターの両方にとって記憶に残るエクスペリエンスを構築しました。その手法をご確認ください。

動画を見る(英悟)

マーケティングキャンペーンを強化

マーケティング戦略の実行にAdobe Campaignがどのように役立つのかを、アドビのドキュメントでご確認ください。

ドキュメントを読む(英悟)

マルチチャネルマーケティングを強化

各種プッシュ通知の概要と、プッシュ通知の作成、定義、送信方法をご確認ください。

サポート情報を見る(英語)

関連機能

オファー管理

ルールベースのオファーカタログを作成します。重要性や優先順位によってオファーを管理し、顧客が特定のオファーを目にする回数を制限します。

キャンペーンレポート

キャンペーンレポートは、電子メールやSMS、プッシュ通知、ソーシャルメディア、イベントのダイレクトメールなどを含む、あらゆるマーケティング活動に関する集計データをレポートします。

電子メール作成

美しくパーソナライズされた、レスポンシブな電子メールを、顧客の条件に合致する様々な方法でしばやく作成、編集します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Campaignの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Campaignの機能についてご案内します。