キャンペーンレポート

すぐに使えるパワフルなレポートテンプレートに加え、Adobe Campaignでは、配信、キャンペーン、ユーザー、セグメントの各レベルにもとづいたカスタムレポートを作成できます。記述型分析をおこなったり、ROIとCLTVを要約したり、データをAdobe Analyticsやその他のソリューションに書き出して、さらなるデータの可視化と分析が可能です。


総合的なレポートで全体と細部の両方を把握

メッセージを配信するというのは、マーケターにとって戦いのひとつにすぎません。キャンペーンを開始した後は、追跡して効果を把握し、価値を測定する必要があります。  それも単にチャネル別でなく、それぞれのマーケティング施策をまとめて総合的に測定する必要があります。

キャンペーンレポート機能により、動的レポートを容易に作成できます。変数のドラッグ&ドロップを使用して、レポートをカスタマイズしたり、キャンペーンの成果を分析したりできます。クエリや計算の複雑さに応じて、データをリストビューに集計することも、マーケティング分析レポートの生成が容易になる形式にすることもできます。

画像

主な機能

視覚的なレポートインターフェイス
動的なレポートインターフェイスを利用して、タブやメニューオプションをナビゲートする過程を簡素化したり、セグメント別、デバイス別、チャネル別のソートを容易に実行したりできます。

カスタムレポート
フィルターの追加や可視化によって動的レポートをカスタマイズすることで、よりわかりやすいビューで分析データを確認できます。

レポート共有
自分が担当している各種キャンペーン用の標準レポートビューを作成し、チームと自動的または反復的に共有できます。

カスタマイズ可能なテンプレート
すぐに利用できるレポートテンプレートを使用して、新しいレポートをゼロから作成できます。テンプレートは、必要に応じてカスタマイズできます。

Adobe Campaignのキャンペーンレポートの詳細

結果を確認して共有

キャンペーンの結果を確認したり共有したりする際に、Campaign Standardに備わっているレポートオプションがどのように役立つのか、アドビのドキュメントでご確認ください。

ユーザーガイドを確認する(英語)

関連機能

メールレポート

メールレポートを活用して、到達性、読みやすさ、成果を基準に収集したデータにもとづき、よりターゲットに狙いを定めて、キャンペーンを最適化します。

Adobe Analyticsとの連携

Adobe CampaignとAdobe Analyticsを連携することで、クロスチャネルレポート、複数のチームをまたいだオーディエンスの作成と共有、リマーケティングトリガーのリアルタイム活用を可能にします。

キャンペーン管理

複数のチャネルをまたいだマーケティングのデザイン、展開、パーソナライズをおこない、あらゆるデバイスと顧客接点における体験を向上します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Campaignの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Campaignの機能についてご案内します。