ダイレクトメール

Adobe Campaignを使い、オーディエンスのターゲット設定とセグメンテーションを適切におこないます。印刷、フルフィルメント、郵送は、ダイレクトメールベンダーを通じておこない、パーソナライズのためのフィールドを追加して時間を節約します。


デジタルデータを郵送によるダイレクトメールに活用

有益なダイレクトメールプログラムがあり、オフラインでのつながりを好む顧客がいます。しかし、デジタルを活用すれば、よりパーソナルな情報を提供したり、より適切なオーディエンスセグメントを特定したりできそうです。

幸いなことに、この2つは両立できそうです。アドビのダイレクトメール機能により、ダイレクトメールベンダーと共有するためのデータファイルを生成できます。ターゲティングとセグメント設定を処理してから、受取人のリストやパーソナライズフィールドと一緒に、ベンダーのフルフィルメントシステムに直接データを書き出せば、関係者の時間を節約してコストも軽減できます。オンラインチャネルから得たデータを使用して、ダイレクトメールなどのオフラインチャネルを向上させ、個々のダイレクトメール内に一意のオファーコードを作成しておくことでエンゲージメントを追跡し、デジタルマーケティング施策に対するダイレクトメールの影響を測定します。

画像

主な機能

容易に統合
ダイレクトメールプロバイダーが使用するフィールドと完全に一致するように、データを事前に設定できます。

クロスチャネルワークフロー
ダイレクトメールやその他のオフラインチャネルをオムニチャネルマーケティングプログラムで使用し、テンプレートを使ってダイレクトメールに最適な顧客を定義できます。ダイレクトメールのROIを単独で測定したり、広範なプログラムへの影響を測定することも可能です。

郵送先住所
一般的な住所規格に従った、使いやすい、計算されたフィールドセットを活用できます。

 

Adobe Campaignのダイレクトメール機能の詳細

ダイレクトメールを駆使

どのようにオーディエンスを定義し、コンテンツを準備して、メールベンダー用のファイルを初めて生成するのか、ステップバイステップの詳しい説明をヘルプセクションでご確認ください。

設定マニュアルで詳細な手順を見る(英語)

画像
画像

最も効果的なオフラインチャネルにアクセス

オフラインチャネルをキャンペーン管理に統合する方法を、アドビのブログでご確認ください。

ブログを読む(英語)

関連機能

キャンペーン管理

複数のチャネルをまたいだマーケティングのデザイン、展開、パーソナライズをおこない、あらゆるデバイスと顧客接点における体験を向上します。

キャンペーンレポート

キャンペーンレポートは、電子メールやSMS、プッシュ通知、ソーシャルメディア、イベントのダイレクトメールなどを含む、あらゆるマーケティング活動に関する集計データをレポートします。

オファー管理

ルールベースのオファーカタログを作成します。重要性や優先順位によってオファーを管理し、顧客が特定のオファーを目にする回数を制限します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Campaignの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Campaignの機能についてご案内します。