メールレポート

Adobe Campaignのレポート機能を使い、メール配信やエンゲージメントのデータをすばやく分析し、自動的に共有、または共有サイクルを構築します。メール配信データは、Aobe Analyticsやその他のツールに書き出すことで、データのさらなる可視化、および分析が可能です。


電子メールの効果は読まれてこそ

電子メールキャンペーンを向上するためには、十分に情報を得たうえで決定を下す必要があります。それを実現するために必要なのがデータです。しかし、あらゆるデータを整理して概要をつかむためには、適切なレポートツールが必要です。

Adobe Campaignのメールレポート機能を使えば、詳細なレポートをすばやく生成したり、配信データや顧客エンゲージメントデータを分析したりできます。アドビのレポート機能なら、様々なことがわかります。例えば、メールによって他のチャネルの顧客行動がどのように促進されるか、どのようにメールキャンペーンを最適化すれば成功につながるか、ISP別/デバイスタイプ別/インボックスプロバイダー別の配信パフォーマンスをどのように理解すればよいか、などです。

画像

主な機能

強力なレポート
既製のレポートを使用し、メール配信データやエンゲージメントデータをすばやくまとめて分析に役立てます。任意のレポートテンプレートをカスタマイズするか、ビジネスにとって最も重要なKPIにもとづいて独自の成功指標を定義できます。

CampaignとAnalyticsの統合
Campaignで得られた配信データを、他のデジタル分析指標と並べてAdobe AnalyticsのAnalysis Workspaceに表示して、クロスチャネルレポートを作成できます。

カスタマイズ
様々な方法でレポートをカスタマイズし、関係者と自動的に共有するか、共有サイクルを構築できます。またはこのデータを書き出して、さらなる可視化、またはカスタム分析をおこなえます。

リアルタイムのインサイト
デバイス、場所、受信トレイ(インボックス)のタイプ、顧客セグメントを使用してフィルタリングします。アクションにつながるリアルタイムのインサイトを把握することで、顧客がいつ、どのようにメールに対応しているか、瞬時に理解できます。

Adobe Campaignのメールレポートの詳細

動的レポートの詳細

リアルタイムでカスタマイズ可能な動的レポートを使用してキャンペーンを監視する方法を、チュートリアルビデオでご確認ください。

動画を見る

事例から学ぶ

Travelocityが、どのように訴求力のあるコンテンツを把握し、よりパーソナライズされた電子メールを配信しているかをご覧ください。

事例を読む

関連機能

メールの到達性

ISPからのフィードバックにもとづいて、リアルタイムでメールの到達性を向上させます。これは、電子メールマーケティングプログラムの全体的な微調整をおこなっている場合であっても、スケールメリットを最大限に活かそうとしている場合であっても、役立ちます。

キャンペーンレポート

キャンペーンレポートは、電子メールやSMS、プッシュ通知、ソーシャルメディア、イベントのダイレクトメールなどを含む、あらゆるマーケティング活動に関する集計データをレポートします。

Adobe Analyticsとの連携

Adobe CampaignとAdobe Analyticsを連携することで、クロスチャネルレポート、複数のチームをまたいだオーディエンスの作成と共有、リマーケティングトリガーのリアルタイム活用を可能にします。

お客様のビジネスに役立つAdobe Campaignの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Campaignの機能についてご案内します。