Federated Data Access

データ移行プロセスをセットアップする必要はありません。データがあるその場所でデータを使用します。これにより、常にデータが最新に保たれるので、迅速なキャンペーンの展開が可能になり、アクセス性も向上します。


ビッグデータをプラグアンドプレイで接続

顧客の好みやキャンペーンのパフォーマンスについては、既に莫大なデータがあります。しかし、アクセス可能な他のデータソースからの補完的な情報を活用して、その巨大なデータを補足することができれば、さらなるマーケティングの強化につながるでしょう。とはいえ、分散しているデータをまとめるのは、容易ではありません。

Federated Data Accessを使用すれば、ひとつ以上の外部データベースに保管されている情報をすばやく処理できます。データを移行する必要がないので、データは常に最新です。Adobe Campaignデータの構造を変更しなくても、クエリや拡張をおこなったり、マーケティングキャンペーンに外部データを取り込むためのデータ読み込みツールを使ったりすることができます。また、構造化されていない顧客データを発見してセグメンテーションすることで、より強化された、さらに正確なキャンペーンを展開することもできます。このように、Federated Data Accessを活用して、データを発見、クエリ、セグメンテーションして、より迅速なキャンペーンの展開につなげましょう。

画像

主な機能

外部データベースへのアクセス
GreenplumやTerdata、Amazon Redshift、Oracle、SQL Serverなどの外部データベースのデータに、ネイティブドライバーを使用してアクセスしたりマッピングしたりできます。複製の必要はありません。

SAP HANA用のFDAコネクタ
FDA/Hadoopコネクタインターフェイスにより、SAP HANAデータベースに接続できます。データをインポートする必要はありません。データを管理するための豊富なツールセットが提供されます。

HiveQL経由のHadoopコネクタ
この機能を使用すると、Hadoop内のデータセット全体を対象にHiveQLを使用してクエリを実行できます。事前処理の必要はありません。これにより、事前のモデリングやETL作業をおこなう必要が低減します。

 

Adobe CampaignのFederated Data Accessの詳細

Hadoopについて

Hadoopを使い、データ管理とストレージのための新たな可能性を開き、膨大なビッグデータに直接アクセスできるようにする方法を、アドビのブログでご確認ください。

ブログを読む(英語)

関連機能

データコネクタ

データコネクタを使用して、CRMやeコマースプラットフォーム、POSシステムなどのビッグデータソースを接続します。

Adobe Analyticsとの連携

Adobe CampaignとAdobe Analyticsを連携することで、クロスチャネルレポート、複数のチームをまたいだオーディエンスの作成と共有、リマーケティングトリガーのリアルタイム活用を可能にします。

顧客プロファイル

顧客プロファイルを活用して、既存のレコードに新しい属性や表を追加し、キャンペーンデータの拡張や強化をおこないます。

お客様のビジネスに役立つAdobe Campaignの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Campaignの機能についてご案内します。