Adobe Campaignの新機能

顧客の好みに合わせて、マーケティングキャンペーンは常に進化しています。Adobe Campaignも同様です。電子メール、モバイル、クロスチャネルのマーケティングキャンペーンを強化するパワフルな新機能を次々に導入しています。

動画のスマート切り抜き
電子メールデザイナー

電子メールデザイナー

シンプルなドラッグ&ドロップ操作だけで、コードを記述することなく、レスポンシブな電子メールテンプレートを容易に作成できます。

電子メールデザイナーの概要の動画を見る(英語)

ヘッドレスCMS機能の強化
商品リスト

商品リスト

リマーケティングの際に、メールの送信時に商品リストを動的に挿入することができます。

商品リストのセットアップの動画を見る(英語)

アプリ内メッセージ

アプリ内メッセージ

顧客がモバイルアプリを操作しているときに、コンテクストに即してパーソナライズされたメッセージをテキストや画像、動画で提供できます。

モバイルマーケティングについて詳しく見る

Adobe Campaign Standard(英語)Adobe Campaign Classic(英語)のリリースノートをご覧ください。

Adobe CampaignとAdobe Experience Platformが連携

現在アドビでは、Adobe Experience Platformを最大限に活用する新機能の開発を進めています。この新機能は、2019年に一部のお客様へ限定的に提供され、2020年には正式にリリースされる予定です。

大規模なデータセットの管理、クロスチャネルのセグメンテーションの強化、Adobe Senseiを利用した新たな予測機能など、マーケターを支える新機能を予定しています。これにより、さらに高精度なターゲティングとパーソナライゼーションを実現し、連携のとれたクロスチャネルキャンペーンを展開できるようになります。

Adobe Analyticsを含む、オンラインとオフラインのソースから収集された豊富なデータを基盤として、これまで以上に強力できめ細かなセグメンテーションをおこない、顧客体験をパーソナライズします。

オーディエンスのセグメンテーションの詳細

顧客の行動やデモグラフィック属性などの設定した条件にもとづいて、顧客一人ひとりに適切なメッセージを電子メールやSMS、プッシュ通知でリアルタイムに自動的に送信します。

キャンペーン管理について詳しく見る

複数のオファーを一元的なライブラリで効果的に管理し、設定した条件にもとづいて、それぞれの顧客に最適なオファーを提供します。オファーの追加、グループ分け、優先順位付けは容易におこなえます。

オファー管理について詳しく見る

人工知能を活用して、一人ひとりの顧客がメールを開く可能性が高い時間を過去のデータから予測し、顧客エンゲージメントを向上します。

AI利用のメールについて詳しく見る

顧客離れを防ぐために、人工知能を活用して顧客への連絡を取捨選択し、顧客ごとに設定したメール数の上限を超えてメールが送信されないようにします。

AI利用のメールについて詳しく見る

Adobe Experience Platformでエクスペリエンスを刷新

Adobe Experience Platformでエクスペリエンスを刷新

ひとつの基盤で、あらゆる顧客体験を向上できます。データを取り込み、標準化と整理をおこない、チャネルをまたいで活用し、優れた顧客体験をより少ない労力で提供できます。Adobe Experience Platformの詳細および顧客体験の向上にどのように役立つのかをご確認ください。

Adobe Campaignがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Campaignがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。