オファー管理

ルールベースのオファーカタログを作成します。重要性や優先順位によってオファーを管理し、顧客が特定のオファーを目にする回数を制限します。次に、場所や顧客の生涯価値、ロイヤルティの状態などの条件にもとづき、オファーをパーソナライズします。


受け入れたくなるオファーを

重要なのは、一方的な宣伝ではなく、顧客との対話です。ただし、顧客に送信すべき最も適切なオファーを見つけるのに苦労しているようでは、対話などできません。 

Adobe Campaignでは、オファーや提案のポートフォリオ管理機能を備え、優先順位に応じた整理や、顧客にオファーを提示する回数の制限をおこなうことができます。送信メッセージに顧客ごとの最適なオファーを追加したり、独自のインバウンドインタラクションルールを作成して、顧客一人ひとりのニーズにもとづいたリアルタイムな意思決定やネクストベストオファーの提示、スクリプトのサポートをおこなえます。

Adobe Experience Platformと組み合わせれば、統合顧客プロファイルの豊富なデータを活用し、独自の基準で顧客に最適なオファーやおすすめを提示することができます。 電子メールデザイナー内でオファーセクションとおすすめをメールテンプレートにドラッグ&ドロップするだけで、適切な顧客に向けてパーソナライズされたオファーを提示できます。

主な機能

オファーカタログの作成
カタログからのオファーにより、顧客に対して送信するベストオファーを選択できます。最も適切なオファーを送信するため、また同じものを2回送信しないようにするため、顧客の履歴にもとづいた資格ルールを使用します。

顧客に合わせたオファー
資格ルールと、カタログ内のオファーにリンクされる適用テーマを設定します。チャネルによっては、オファーコンテンツをパーソナライズしてから、その潜在的効果を計算します。

Adobe Campaignのオファー管理の詳細

エキスパートに学ぶ

静的コンテンツにとどまらず、適切なインタラクションをリアルタイムで自動化することの重要性について、アドビのチュートリアルビデオでご確認ください。

動画を見る(英語)

アドビとともに一歩先へ。

アドビがなぜリーダーに選ばれたのか、なぜマーケティングテクノロジーと広告テクノロジーのギャップを埋めることができのか。「Forrester Wave™: クロスチャネルキャンペーン管理 2018年第1四半期」でご確認ください。

レポートを読む

 

関連機能

キャンペーン管理

複数のチャネルをまたいだマーケティングのデザイン、展開、パーソナライズをおこない、あらゆるデバイスと顧客接点における体験を向上します。

キャンペーンレポート

キャンペーンレポートは、電子メールやSMS、プッシュ通知、ソーシャルメディア、イベントのダイレクトメールなどを含む、あらゆるマーケティング活動に関する集計データをレポートします。

プリファレンスセンター

プリファレンスセンターを設定し、顧客の関心や好みにもとづいて調整をおこないます。これは、顧客プロファイルを強化し、メール疲れを管理するのに役立ちます。

お客様のビジネスに役立つAdobe Campaignの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Campaignの機能についてご案内します。