オムニチャネルマーケティングをひとつの顧客体験に統合  

複数のマーケティングチャネルを通じて顧客とコミュニケーションを取るのは、良い結果をもたらすことも、悪い結果をもたらすこともあります。それぞれのチャネルが連携していないと、そこにあるのはノイズと混乱だけです。連携していれば、チャネル全体を通して顧客にパワフルかつおもてなしの心に溢れた体験を提供できます。

クロスチャネルマーケティングには調整が不可欠

今日、ブランドエクスペリエンスは、これまでにないほど重要になっています。ブランドが顧客の要求に真摯に応えようとしているのか、単に万人向けのエクスペリエンスを提供しているだけなのかは、顧客には一目瞭然です。さらに、オンラインとオフラインの両方で、複数のチャネルをまたいで顧客を理解していることを示さなくてはなりません。つまり、顧客がいるところにエクスペリエンスがなければなりません。しかしこれは、多くのマーケターにとって難題です。 

問題のひとつは、多くの企業において、複数のチャネルを通じてメッセージを送る能力自体は既にあるものの、それらをつなぎ合わせて、ひとつのエクスペリエンスにまとめるための有効な方法がないことです。ばらばらに切り離されたメッセージでは不十分です。一貫性のあるコミュニケーションを構築するために、それらのメッセージを調整する必要があります。

また、クロスチャネルアプローチの連携を可能にするテクノロジーやベストプラクティスがあるにもかかわらず、多くの企業では、コミュニケーションを調整するための時間やコスト、困難さを心配して、消極的になっています。そのため、従来通りの分断した状態での運用を続け、連携による効果を生み出していません。

アドビがお手伝いします

アドビは、マーケターを悩ませるこの厄介な問題が、様々なチャネルを軒並み停滞させてしまっていることを理解しています。顧客体験を最適化するためには、顧客を理解し、複数のチャネルをまたいだエクスペリエンスを正しく調整し、リアルタイムで適切なチャネルに提供しなければなりません。

Adobe Campaignなら、単一の使いやすいインターフェイスを使って、容易にチャネルを同期し、キャンペーンを連携できます。電子メールやwebサイト、モバイル、ソーシャルなどのオンラインチャネルと、ダイレクトメールやコールセンター、実店舗などのオフラインチャネルの連携が実現します。これにより、デジタルチャネルと伝統的チャネルの両方で、顧客に一貫性のあるコンテクストに即したの体験を提供することができます。言い換えれば、Adobe Campaignを使えば、あらゆるチャネルの顧客接点へのコンテンツ配信が容易になるのです。

「適切なチャネルを通じて、適切な体験を提供することが、顧客のロイヤルティを構築するうえで欠かせません」

Robert McLaughlin氏(Sky UK、デジタルアナリティクス担当責任者)

オムニチャネルマーケティングの機能

電子メール作成

美しくパーソナライズされた、レスポンシブな電子メールを、顧客の条件に合致する様々な方法でしばやく作成、編集します。

キャンペーン管理

複数のチャネルをまたいだマーケティングのデザイン、展開、パーソナライズをおこない、あらゆるデバイスと顧客接点における体験を向上します。

SMSとプッシュ通知

Adobe Campaignを使い、モバイルマーケティングの効率を向上します。モバイル向けのレスポンシブ電子メールの送信、プッシュ通知やテキストメッセージの送信、アドビのモバイルSDKを利用したCampaignと統合できるアプリの設計などをおこないます。

関連トピックス

その他の利点

マーケティング
オートメーション

カスタマー
ジャーニー

お客様のビジネスに役立つAdobe Campaignの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Campaignの機能についてご案内します。