電子メールトリガー

パスワードリセットや注文確認のような電子メールによるやり取りを自動化します。または、Adobe CampaignとAdobe Analyticsを連携して、個々のユーザーアクションにもとづいてリアルタイムでリマーケティング電子メールをトリガーします。アクションをおこさないことをトリガーにもできます。


顧客のアクションから多くを知る

誕生日や記念日のメッセージから注文の確認、登録、パスワードリセットまで、手動でおこなっていた処理を大規模に自動化できます。レビューの執筆やソーシャル共有、新規登録者向けのウェルカムメールを通じた新規顧客の紹介などを、顧客に促します。購入やブラウジングなど重要なコンテクスト情報となる行動を受けてメールがトリガーされるようにすると、メッセージが目立ち、顧客が探しているものを見つけやすくなったり、始めたことを最後まで完了できるようになります。
 
動画を見る、旅行プランを記入する、購入をおこなうなどのキーとなる作業の完了を顧客を促すには、Adobe AnalyticsとAdobe Campaignを連携して、メールのクリックスルーやページ訪問、セッション行動などの高価値シグナルによって電子メールをトリガーします。カスタムのリマーケティングメールは、ユーザーアクション、放棄、セッションルールにもとづいてトリガーできるので、顧客を取り戻す機会が増えます。

主な機能

リアルタイムでリエンゲージ
電子メールトリガーは、Adobe Campaignメッセージセンターを通じて情報システムと統合できます。顧客のアクションを受けて、パーソナライズされた電子メールを作成し、リアルタイムで配信します。

Adobe Analyticsとの連携 
Adobe Analyticsとの連携により、顧客インタラクションをより深く理解でき、webベースまたはモバイルベースの様々なトリガーを活用できます。これにより顧客のニーズを正確に把握し、タイミングよく提供する、より優れたエクスペリエンスを生み出します。

Adobe Campaignの自動トリガーによる電子メールの詳細

革新的な連携機能

Adobe Analyticsとの連携による、キャンペーンの強化方法を、こちらのチュートリアルビデオでご確認ください。

動画を見る(英語)

リマーケティングを刷新

リマーケティングや自動トリガーによる電子メールを活用すると、顧客のロイヤルティの獲得や経営陣の同意の獲得が促進されます。詳しくは、アドビのブログをお読みください。

詳しく見る(英語)

関連機能

動的コンテンツ

受信者ごとに設定したルールにもとづき、一人ひとりにパーソナライズされたコンテンツを配信します。

人工知能(AI)を活用した電子メール

Adobe Senseiを利用して、メールタイトルを分析し、文字数やセンチメント、関連性にもとづき開封率を予測します。

電子メール作成

美しくパーソナライズされた、レスポンシブな電子メールを、顧客の条件に合致する様々な方法でしばやく作成、編集します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Campaignの機能についてご案内します。

お客様のビジネスに役立つAdobe Campaignの機能についてご案内します。