インテリジェントなアセット自動処理で業務をスピードアップ  

アセット自動処理は、人工知能(AI)とマシンラーニング(機械学習)を利用して、各チャネルやデバイスに合わせたアセットのタグ付け、切り抜き、最適化などの手間のかかる作業に要する時間を削減します。単純作業をスピードアップし、優れたエクスペリエンスの提供を含む戦略的な業務に時間を有効利用できるようにします。

わずか数回のクリックでタグ付け、トリミング、変換

わずか数回のクリックでタグ付け、トリミング、変換

マーケティングチームがタグを付けるアセットの数や、トリミングが必要な写真の数、インポート、分類、エクスポートするメタデータの量を考えてみましょう。グローバルに事業を展開している企業の場合は、翻訳料金もかなり高額になるに違いありません。

アセット自動処理は、処理に数時間から数日かかっていた作業を自動化し、わずか数秒で処理できるようにする機能です。さらに、アセットの品質を最高レベルに維持できます。わずか数回のクリックで背景を切り抜き、新しい背景を挿入したり、写真をアップロードすると、わかりやすいフレーズで自動的にタグ付けします。また、適用可能なあらゆる言語で検索キーワードが自動的に提供されます。

こうした自動処理は、人工知能によって実現されます。また、マシンラーニングによって日常業務を自動化すれば、クリエイターやマーケター、IT担当者はより価値の高い業務に集中できるようになります。

アドビがお手伝いします

アドビがお手伝いします

カスタムのスマートタグとネイティブな人工知能エンジンを搭載するAdobe Experience Manager Assetsは、市場で最もスマートなデジタルアセット管理(DAM)を実現します。Adobe Senseiのテクノロジーを基盤とし、高度なアルゴリズムとマシンラーニングを実装しているため、多くのデータを扱えば扱うほど、学習が進んで適応力が高まります。膨大な量のコンテンツとデータアセットを活かして時間を節約し、隠れたアセットを発見し、優れたエクスペリエンスをすばやく提供できるようにします。

Silicon Labs

「タグ付けによって自社製品を定義し、マーケティングを強化する方法をより詳細に把握できます。Adobe Experience Managerのコンテンツのタグ付け機能は、当社のデジタル戦略の要になっています」

Kamran Shah氏(Silicon Labs、コーポレートマーケティングディレクター)

Silicon Labs

機能

スマートタグ

コンテンツのタグ付けを自動化します。Adobe Senseiの人工知能とマシンラーニングでアセットの内容を理解し、企業固有のキーワードを用いてインテリジェントなタグを生成します。

スマート切り抜き

Adobe Senseiの人工知能(AI)を利用して画像内の重要部分を自動的に検出して切り抜き、高品質なスォッチを作成します。

多言語アセット管理

ひとつの言語で検索キーワードを入力すれば、Adobe Senseiがそれを瞬時に翻訳し、事前に定義されたあらゆる言語のライブラリを横断的に検索して、該当するアセットを提示します。英語のメタデータしかない場合でも問題ありません。

その他の利点

Creative Cloudとのネイティブな連携

Creative Cloudとの
ネイティブな連携

リッチメディア
の配信

リッチメディアの配信

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。