アセットのチェックアウト

編集が必要なアセットをチェックアウトしてロックし、再びチェックインするまで他のユーザーが当該アセットを編集、注釈付け、公開または移動できなくします。 これにより、作業中に変更内容が上書きされるのを防止します。


アセットを自在にコントロール

クリエイティブの最終バージョンのエラーについて説明するという、厄介な場面に遭遇したことのあるユーザーは少なくないでしょう。クリエイティブアセットは、プロジェクトの進行中に複数の担当者によってダウンロードされ、編集され、ワークスペースに再アップロードされます。

Adobe Experience Manager Assetsのアセットのチェックアウト機能を利用すれば、ユーザーはアセットをチェックアウトして編集や注釈付け、公開、移動などの作業をおこない、作業を終了して再びチェックインするまで、他のユーザーによる当該アセットへの操作を禁止できます。  複数のユーザーやチームでアセットを共同編集している際に、変更内容が上書きされるのを防止します。

次のような機能があります


チェックアウトの効率化
チェックアウトされたファイルはロックされ、Adobe Experience Manager Assetsに再びチェックインするまで編集できなくなります。他のユーザーは、使用中のファイルをチェックアウトすることはできませんが、ロックされたファイルのメタデータ情報を更新することは可能です。


強制チェックイン
管理権限を持つユーザーは、他のユーザーがチェックアウトしたファイルでもチェックインできます。


シンプルなユーザーインターフェイス
直観的で使いやすいインターフェイスであらゆるアセットを管理できます。

 

アセットのチェックアウトの詳細

アセット管理を簡略化する方法の詳細

Adobe Experience Manager Assetsでアセット管理を簡略化し、マーケティングに集中できるようにする方法をご覧ください。

動画を見る(英語)

容易な操作

Adobe Experience Manager Assetsにおけるチェックインとチェックアウトの容易さをご確認ください。

さらに詳しく

関連機能

アセットコレクション

静的なコレクションや、検索条件に応じて自動収集されたアセットで動的に構成するスマートコレクションなど、複数のユーザーでアセットコレクションを容易に作成し、編集、共有します。

バージョン履歴

過去に制作したあらゆるバージョンを自動的に保存し、重複するバージョンを検出して削除したり、編集作業の進捗を追跡したり、特定のバージョンを復元したり、ライセンスのないアセットや使用制限のあるアセットを誤用するリスクを低減します。

デジタルアセット管理ワークフロー

プランニングから設計、審査、承認、公開までのワークフローの作成を容易にし、アセットをよりスピーディに市場へ投入します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。