アセットインサイト

分析チームに頼ることなく、パフォーマンスが最も高いアセットを把握できます。デジタルアセット管理(DAM)のユーザーは誰でもデータインサイトを活用できるため、マーケターは異なる状況におけるコンテンツのパフォーマンスを確認し、すばやく最適化できます。 一元化されたわかりやすいレポートにより、アセットのエンゲージメントやインタラクションなどに関するデータを確認できます。


パフォーマンスの良し悪しをアセットごとに把握

マーケターは、自社の顧客体験がどのように機能しているかを把握する必要があります。パフォーマンスが高いアセットや、改善が必要なアセット、エクスペリエンスが利用されている場所など、マーケティング活動の成果を分析するためには、チャネル全体で主要業績評価指標(KPI)を測定する機能が必要です。 しかし、大量のコンテンツを提供している企業では、必要なデータを取得し、そこから行動に生かせるインサイトを抽出することは容易ではありません。

アセットインサイトなら、DAMが提供する詳細なレポートを活用し、IT担当者の力を借りなくても様々な状況下でアセットごとのパフォーマンスを分析できます。これにより、必要な情報を収集して改善が必要なアセットをすばやく見つけ出し、最適化できます。KPI、アセットのパフォーマンス、エンゲージメントに関する一元化されたレポート機能によって、状況を効果的に可視化し、様々なレポートを作成できます。こうして得られるインサイトを活かして、顧客を魅了するデジタルエクスペリエンスを創出できます。データにもとづく確かな意思決定を可能にし、パフォーマンスが高いアセットを似た条件下で何度も再利用しながら、アセット作成というコストのかかる作業のROIを高めることができます。以上に述べたあらゆる機能がAdobe Experience Manager Assetsの中に含まれているので、新たにAdobe Analyticsのライセンスを購入する必要はありません。

 

次のような機能があります

次のような機能があります

洗練されたレポート機能
アセットインサイトを使用して、デジタルアセットに関する様々なレポートを作成できます。これらのレポートは、アセットの使用状況、アセットに対する顧客の反応、ダウンロードされているアセットや共有されているアセットなどに関する有用な情報を提供します。

DAMとの統合
アセットインサイトを使用中のデジタルアセット管理(DAM)システムと接続すれば、既存のデータをもとにレポートを作成できます。

カスタマイズ可能なインターフェイス
アセットインサイトの機能をニーズに合わせてカスタマイズできます。直観的で使いやすいレポート管理インターフェイスには、アーカイブされたレポートへの アクセスをコントロールするオプションや、レーポート作成のステータスを成功や失敗などで表示できるオプションが用意されています。

 

アセットインサイトの詳細

Adobe Asset Linkのデモ

アセットインサイトのさらなる活用

アセットインサイトを利用して、パフォーマンスに関する統計情報をさらに深く探求する方法をご覧ください。

さらに詳しく

デジタルアセットレポートの詳細を理解

Adobe Experience Manager Assetsでレポートを作成し、共有する方法をご覧ください。 

さらに詳しく

Adobe Asset Linkのデモ

関連機能

 

Brand Portal

完成したアセットを容易かつ安全にチャネルパートナーや社内外のチームに提供し、各チームに適切なアクセス権を割り当てます。

バージョン履歴

過去に制作したあらゆるバージョンを自動的に保存し、重複するバージョンを検出して削除したり、編集作業の進捗を追跡したり、特定のバージョンを復元したり、ライセンスのないアセットや使用制限のあるアセットを誤用するリスクを低減します。

エンタープライズ対応のメタデータ

メタデータのカスケーディングフィールドを定義するか、サードパーティのシステムやファイルからメタデータを一括インポートすることで、メタデータの追加を効率化し、アセットの検索機能を強化します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。