アセットの価値を高めるアセット管理基盤  

大量のアセットが部門ごとに分散管理され、共有できていない企業が少なくありません。その原因は、多数のツールをつなぎ合わせて使用しているため、アセットの検索に時間と手間がかかることです。Adobe Experience Manager Assetsなら、この問題を容易に解決できます。アセットを統合して一元管理できるだけでなく、コンテンツの制作から配信までをスムーズに実現できる基盤です。

公開や配信もできる優れたデジタルアセット管理

ストーリーを語り、  エクスペリエンスを構築し、顧客に働きかける――その活動の中心にあるのがアセットです。しかし、アセットリポジトリーが大きくなると、管理の手間が増え、スマートなデジタルアセット管理(DAM)が必要になります。アドビは「Forrester Wave™:デジタルアセット管理と顧客エクスペリエンス」のレポートで業界のリーダーと評価されています。Adobe Experience Manager Assetsは、デジタルエクスペリエンスの動的な管理だけでなく、公開や配信も実行可能な唯一の企業向けDAMです。各種の統合機能とAdobe Senseiによる人工知能(AI)のテクノロジーにより、新しいコンテンツをすばやく検索、制作、配信できます。

Creative Cloudとのネイティブな連携によって制作を高速化

Adobe Creative Cloudのアプリやサービスとネイティブに連携できるアセット管理ソリューションは他にありません。Adobe Experience Manager Assetsでは、マーケティング部門と制作部門がそれぞれのアプリケーション内から直接連携し、制作や共同作業が可能になります。制作者はアプリとDAMの切り替えに時間を使う必要がなく、マーケターはコンテンツの承認と公開をすばやく実行できます。そして、顧客は自分が求めるコンテンツを必要なタイミングで入手できます。

アセット管理の自動化で煩雑な作業を解消

顧客が使用するチャネル数は爆発的に増加すると同時に、パーソナライゼーションが必要となる場面も増えています。業務のスピードは速くなる一方ですが、チームの規模が大きくなる見込みはありません。そこで、時間のかかる処理やワークフローを自動化できる機能が必要になります。IDCレポート「Adobe Experience Manager Assetsのビジネス価値」によれば、Adobe Experience Manager Assetsを導入することで、コンテンツ制作のスピードや市場への投入にかかる時間、チームの生産性などにおいて実質的なメリットが得られると、複数の回答者が報告しています。このプラットフォームは業務を迅速化するだけでなく、よりスマートな処理を可能にします。

リッチメディアの配信で多くの顧客を魅了

Forresterの調査によれば、今日の顧客はリッチメディアコンテンツを求めており、動画は好きなコンテンツタイプのトップ5に入ります。しかし、動的かつインタラクティブで、あらゆるデバイスに最適化されたアダプティブな動画を配信するには、膨大な時間と手間が必要になります。「Forrester Wave™:デジタルアセット管理(2018年)」において、アドビは動画および新興コンテンツのサポートに関して業界トップの評価を得ています。しっかりとした動画機能と最先端のリッチメディアサポートにより、動的で美しいコンテンツをかつてないスピードで容易に配信できます。

「Adobe Experience Managerは、管理の容易さとコスト効率の高さを維持しつつ、あらゆる顧客ニーズに個別に応えるローカルなエクスペリエンスを創出するために大きな役割を果たしています」

Felix Wenger氏(Raiffeisen、小売と富裕層向けの流通兼チャネル責任者)

関連トピックス

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。