アドビと他社製品の違いとは

Adobe Experience Manager Assetsと他社製品の比較

 

最適なCMS製品の評価基準

市場には数多くのデジタルアセット管理ソリューションが存在しますが、Adobe Experience Manager Assetsは統合型コンテンツ基盤として優れた機能を備えています。どのような違いがあるのか、具体的にご紹介します。

他社製品

Adobe Experience Manager Assets 


ライフサイクル全体に及ぶアセット管理

ツールが統合されていないので、エンドツーエンドのアセット管理ソリューションを構築するには、異なるツールをつなぎ合わせて使用する必要があります。

アセットの制作から管理、提供、最適化に至るまで、あらゆる段階をサポートできるDAMです。


人工知能(AI)とマシンラーニング(機械学習)による自動化

大手人工知能ベンダーの同じ製品を導入するか、アウトソーシングで利用しているため、特徴のない一般的なマシンラーニング機能の提供にとどまります。真にインテリジェントなリッチメディア配信とは言えません。

Adobe Senseiによる独自の人工知能テクノロジーを駆使した市場屈指のインテリジェントなDAMであり、自動タグ付け機能や自動切り抜き機能などによって作業時間を短縮できます。


アセットのパフォーマンスに関するインサイト

サードパーティの分析パートナーとの連携が不可欠になります。そのため、データはIT部門の所有となり、他のマーケターやDAMユーザーからは利用できなくなります。

Adobe Analyticsとネイティブに連携できる唯一のソリューションであり、DAM内のアセットのパフォーマンスデータをマーケターが自在に活用できます。


ダイナミックメディアの管理と配信

コンテンツ配信ネットワークとの連携が不可欠になります。そのため、部門間の連携が取りにくく、CDNのコストが増加し、管理が必要な統合ポイントがまたひとつ増える結果になります。

大企業向けのデジタルアセット管理と業界最先端のリッチメディア配信機能を提供する唯一のDAMです。


Select


Prime


Ultimate


社内の分析施策

新しい分析施策

成熟した分析施策

高度な分析施策

Analysis Workspaceでの高度分析
データテーブル、ビジュアライゼーション、各種コンポーネント(チャネル、ディメンション、指標、セグメント、時間粒度)を、何個でもプロジェクトにドラッグ&ドロップできます。

ルールベースのアトリビューション
ファーストタッチ、ラストタッチなど。

オフラインデータの統合
CRMシステムなどの他のソースからオンラインまたはオフラインの企業データ(ロイヤルティプログラムのレベルなど)をインポートして統合し、分析用のディメンションとして追加できます。

3

15

200

セグメントIQによる高度なセグメント化
あらゆる指標とディメンションを自動的に分析することにより、セグメント間の統計的に最も有意性の大きい差異を特定します。

異常値検出
データ内の予期しないトレンドを自動的に検出します。

貢献度分析
データ内の隠れたパターンを発見して統計的な異常値の原因を明らかにし、顧客の予期しない行動の背後にある相関関係を特定します。

10トークン(実行数)

20トークン(実行数)

その他の予測ツール
統計モデリングと機械学習を利用した高度なインサイト。

別途ご購入

別途ご購入

別途ご購入

アルゴリズムアトリビューション
機械学習を使用し、様々なチャネルにわたってアトリビューションを割り当てます。

別途ご購入

別途ご購入

別途ご購入

価格

Adobe Analytics Select

導入のご相談

Adobe Analytics Prime

導入のご相談

Adobe Analytics Ultimate

導入のご相談

Adobe Analytics Select

エンタープライズ規模の分析でオーディエンスを発見
正確かつタイムリーでインサイトに富んだデータによる意思決定を支援します。ドラッグ&ドロップ操作によってセグメントを作成し、カスタマイズ可能なレポートを得ることで価値の高い顧客を発見し、その顧客とつながるための最適な方法を見つけます。

Adobe Analytics Prime

エンタープライズ企業向けのマルチチャネル顧客インテリジェンス
あらゆるチャネルをまたぐリアルタイムなデータによって、顧客を理解し、新しいインサイトを見つけて課題を特定します。モバイル アプリの有効性を計測して、あらゆるデバイスで顧客がデジタルエクスペリエンスとどのように関わっているかを把握します。

Adobe Analytics Select

エンタープライズ向けの分析機能。
正確かつタイムリーでインサイトに富んだデータによる意思決定を支援します。ドラッグ&ドロップ操作によってセグメントを作成し、カスタマイズ可能なレポートを得ることで価値の高い顧客を発見し、その顧客とつながるための最適な方法を見つけます。

Adobe Analytics Select

エンタープライズ向けの分析機能。
正確かつタイムリーでインサイトに富んだデータによる意思決定を支援します。ドラッグ&ドロップ操作によってセグメントを作成し、カスタマイズ可能なレポートを得ることで価値の高い顧客を発見し、その顧客とつながるための最適な方法を見つけます。

Adobe Analytics Select

エンタープライズ向けの分析機能。
正確かつタイムリーでインサイトに富んだデータによる意思決定を支援します。ドラッグ&ドロップ操作によってセグメントを作成し、カスタマイズ可能なレポートを得ることで価値の高い顧客を発見し、その顧客とつながるための最適な方法を見つけます。

Adobe Analytics Select

エンタープライズ向けの分析機能。
正確かつタイムリーでインサイトに富んだデータによる意思決定を支援します。ドラッグ&ドロップ操作によってセグメントを作成し、カスタマイズ可能なレポートを得ることで価値の高い顧客を発見し、その顧客とつながるための最適な方法を見つけます。

他社製品
ツールが統合されていないので、エンドツーエンドのアセット管理ソリューションを構築するには、異なるツールをつなぎ合わせて使用する必要があります。

Adobe Experience Manager Assets 
アセットの制作から管理、提供、最適化に至るまで、あらゆる段階をサポートできるDAMです。

他社製品
大手人工知能ベンダーの同じ製品を導入するか、アウトソーシングで利用しているため、特徴のない一般的なマシンラーニング機能の提供にとどまります。真にインテリジェントなリッチメディア配信とは言えません。

Adobe Experience Manager Assets 
Adobe Senseiによる独自の人工知能テクノロジーを駆使した市場屈指のインテリジェントなDAMであり、自動タグ付け機能や自動切り抜き機能などによって作業時間を短縮できます。

他社製品
サードパーティの分析パートナーとの連携が不可欠になります。そのため、データはIT部門の所有となり、他のマーケターやDAMユーザーからは利用できなくなります。

Adobe Experience Manager Assets 
Adobe Analyticsとネイティブに連携できる唯一のソリューションであり、DAM内のアセットのパフォーマンスデータをマーケターが自在に活用できます。

他社製品
コンテンツ配信ネットワークとの連携が不可欠になります。そのため、部門間の連携が取りにくく、CDNのコストが増加し、管理が必要な統合ポイントがまたひとつ増える結果になります。

Adobe Experience Manager Assets 
大企業向けのデジタルアセット管理と業界最先端のリッチメディア配信機能を提供する唯一のDAMです。

他社製品
いずれも同じベンダーと連携することになります。そのため、差別化がしにくく、設定、管理しなければならないサードパーティとの連携ポイントが増えます。

Adobe Experience Manager Assets 
Creative Cloudとネイティブに連携し、Creative Could Enterpriseのアプリケーションから直接DAMにアクセスしてクリエイティブを検索できるパネルを備えています。

他社製品
画像処理に関わる基本的な機能の活用にとどまり、動画のトランスコーディングに関する機能はほとんどありません。

Adobe Experience Manager Assets 
業界最先端の高度なリッチメディア配信ソリューションであり、インタラクティブな機能、カラーマネジメント、シャープニング、テクスチャ、パターン、テキストオーバーレイ、パスに沿った切り抜き、画像セットの自動処理などの機能を備えています。

他社製品
基本的な動画エンコーディング機能をサポートするだけで、インタラクティブな機能やリッチメディア要素を追加する方法はありません。

Adobe Experience Manager Assets 
エンゲージメントの最大化に不可欠な動画管理機能を提供する唯一のソリューションであり、アダプティブストリーミングや、レスポンシブでカスタマイズ可能なプレーヤー、ショッパブルなインタラクティブコンテンツの作成などの機能を備えています。

Creative Cloudとのシームレスな連携

いずれも同じベンダーと連携することになります。そのため、差別化がしにくく、設定、管理しなければならないサードパーティとの連携ポイントが増えます。

Creative Cloudとネイティブに連携し、Creative Could Enterpriseのアプリケーションから直接DAMにアクセスしてクリエイティブを検索できるパネルを備えています。


リッチメディア配信のさらなる活用

画像処理に関わる基本的な機能の活用にとどまり、動画のトランスコーディングに関する機能はほとんどありません。

業界最先端の高度なリッチメディア配信ソリューションであり、インタラクティブな機能、カラーマネジメント、シャープニング、テクスチャ、パターン、テキストオーバーレイ、パスに沿った切り抜き、画像セットの自動処理などの機能を備えています。


充実した動画機能によるエンゲージメントの最大化

基本的な動画エンコーディング機能をサポートするだけで、インタラクティブな機能やリッチメディア要素を追加する方法はありません。

エンゲージメントの最大化に不可欠な動画管理機能を提供する唯一のソリューションであり、アダプティブストリーミングや、レスポンシブでカスタマイズ可能なプレーヤー、ショッパブルなインタラクティブコンテンツの作成などの機能を備えています。


 

アナリストによる比較

Forrester Wave™「デジタルアセット管理と顧客エクスペリエンス(2018年第2四半期)」

Forrester Wave™「デジタルアセット管理と顧客エクスペリエンス(2018年第2四半期)」

IDCレポート「Adobe Experience Manager Assetsのビジネス価値」

IDCレポート「Adobe Experience Manager Assetsのビジネス価値」

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。