デジタルアセット検索

アドビ独自の人工知能(AI)とマシンラーニング(機械学習)のエンジンであるAdobe Senseiを利用した直観的な自動検索オプションを使用して、必要なときに必要なアセットを見つけることができます。


検索時間を短縮し、制作時間を増やす

コンテンツを完成させようと作業しているときに、必要なアセットを見つけるために果てしなく長いリストをスクロールする時間はありません。なぜなら、検索している間にも、競合に顧客の関心を奪われかねないからです。

デジタルアセット検索を使用すれば、最適なアセットを見つけるためにDAM全体を検索する苦労が過去のものになります。人工知能とマシンラーニングを活用することで、視覚的に類似したアセットを探している場合でも、最適な結果のみが表示されます。余計な作業は必要ありません。

次のような機能があります

次のような機能があります

ビジュアルサーチ
アセットを選択してAdobe Senseiによるマシンラーニングやピクセル認識を活用すれば、さらに多くのコンテンツを検索して視覚的に類似するアセットを見つけることができます。

動的な検索ファセット
検索ファセットを選択すると、Adobe Senseiが無関係なサブファセットを自動的に除外します。選択をおこなうたびにシステムが学習するので、これまでにない精度で検索結果をドリルダウンできます。

関連機能

エンタープライズ対応のメタデータ

メタデータのカスケーディングフィールドを定義するか、サードパーティのシステムやファイルからメタデータを一括インポートすることで、メタデータの追加を効率化し、アセットの検索機能を強化します。

スマートタグ

コンテンツのタグ付けを自動化します。Adobe Senseiの人工知能とマシンラーニングでアセットの内容を理解し、企業固有のキーワードを用いてインテリジェントなタグを生成します。

多言語アセット管理

ひとつの言語で検索キーワードを入力すれば、Adobe Senseiがそれを瞬時に翻訳し、事前に定義されたあらゆる言語のライブラリを横断的に検索して、該当するアセットを提示します。英語のメタデータしかない場合でも問題ありません。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。