エクスペリエンスフラグメント管理

ダイナミックメディア機能を利用して、Adobe Experience Manager Sitesで作成したエクスペリエンスフラグメントを有効活用します。これにより、あらゆるスクリーンをまたいで一貫性のあるチャネルに依存しないインタラクティブなエクスペリエンスを再利用できます。


デジタルエクスペリエンスをあらゆるスクリーンに自動配信

デジタルエクスペリエンスに必要なあらゆる要素を作成し、追跡する作業には大きな労力がかかります。特に、配信先のチャネルやスクリーンサイズごとにレイアウトを修正、編集しなければならない環境であれば、なおさらです。

エクスペリエンスフラグメント管理機能を導入しましょう。マスターとなるエクスペリエンスをひとつ作成するだけで、あらゆるスクリーンサイズに合わせて自動的にフォーマットを調整してくれます。ダイナミックメディア機能により、チャネルに依存しないコンテンツとレイアウトが、エクスペリエンスフラグメントのモジュラーメニューにバンドルされます。これらのフラグメントは、Adobe Experience Managerから直接管理できます。これにより、チャネルに依存しないエクスペリエンスフラグメントが、配信先のチャネルに合わせて適切なフォーマットやレイアウトに自動的に調整されます。さらに、インタラクティブなホットスポットを画像や動画を含むあらゆるアセットに追加できます。

次のような機能があります

次のような機能があります

構成要素
コンポーネントのグループを作成し、何度も再利用して複数のバリエーションやテンプレートのコンテンツを作成することで、変更の反映を容易にします。

オーディエンスをターゲティング
オーディエンスに合わせて表示するコンテンツを選択し、パーソナライズできます。Adobe Experience Managerでは、ContextHubを使用して、郵便番号などの情報をもとにオーディエンスを定義できます。

あらゆるチャネルに対応できるデザイン
配信先に合わせて最適化されたチャネル固有またはコンテクスト固有のバリエーションを自動的に作成します。これにより、あらゆるチャネルに向けてシームレスにエクスペリエンスを提供できます。

エクスペリエンスフラグメント管理の詳細

エクスペリエンスフラグメントの実際

複数のデジタルエクスペリエンスのためにアセットを再利用し、モバイルコンテンツやソーシャルメディア、サードパーティの顧客接点に向けたバリエーションを作成する方法をご覧ください。

動画を見る(英語)

編集作業の省力化

エクスペリエンスフラグメントエディターの使用方法や、エクスペリエンスフラグメントを作成、使用する方法をご覧ください。

さらに詳しく

リンク共有の詳細

関連機能

動画サポート

デバイスの種類や通信速度に応じ、SDまたはHDなどを含む最適な画質を自動的に選択して動画を配信し、IT担当者の手を借りずに、多様なニーズや画質、サイズ、エクスペリエンスに対応します。

スマート切り抜き

Adobe Senseiの人工知能(AI)を利用して画像内の重要部分を自動的に検出して切り抜き、高品質なスォッチを作成します。

ダイナミックメディア

アドビ独自のコンポーネントフレームワークにより、動的なデジタルエクスペリエンスを管理、公開します。複数のデバイスをまたいでインタラクティブなマルチメディアエクスペリエンスをカスタマイズして提供します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。