Adobe Experience Manager Assetsの機能

Adobe Experience Manager Assets
の機能

データサイロと決別し、何時間もかかっていた仕事を数分に短縮したり、強力なデジタルアセットをカスタマージャーニーのどの段階でも配信できるようになります。Adobe Experiencer Managerには、アセットを高速で作成、管理、配信するために必要な機能が揃っています。これらの機能は、マーケティング、クリエイティブ、ビジネスのどのチームも、単一のプラットフォームから利用可能です。

Adobe Experience Manager Assetsの機能

デジタルアセット管理

煩雑なアセット管理を効率化

従来のアセットストレージは、もはや効果的ではありません。単に保管するだけではなく、利用者がアセットにどのようにアクセスし、利用、共有するかを管理できる高度なソリューションが必要です。アドビのソリューションを活用すれば、アセットコレクションやワークフローの作成、面倒なプロセスの自動化、タスクの割り当てを容易におこなえるようになります。

莫大な量のアセットに対し、少なすぎる時間

アセットをチェックアウトしてロックし、再びチェックインするまで他のユーザーがそのアセットを編集、注釈付け、公開または移動できなくすることで、作業中に変更内容が上書きされるのを防止します。

アセットのチェックアウトについて詳しく見る

静的なコレクションや、検索条件に応じて自動収集されたアセットで動的に構成するスマートコレクションなど、複数のユーザーでアセットコレクションを容易に作成し、編集、共有します。

アセットコレクションについて詳しく見る

データのインサイトを活用して、分析担当者に頼ることなく、最もパフォーマンスの高いアセットを把握したり、アセットのエンゲージメントや利用状況、インタラクションの状況などを明らかにします。

アセットインサイトについて詳しく見る

完成したアセットを容易かつ安全にチャネルパートナーや社内外のチームに提供し、各チームに適切なアクセス権を割り当てます。

Brand Portalについて詳しく見る

プランニングから設計、審査、承認、公開までのワークフローの作成を容易にし、アセットをよりスピーディに市場へ投入します。

デジタルアセット管理ワークフローについて詳しく見る

著作権のあるアセットの使用期限に関する情報やその状況を効率的に管理し、使用権のないアセットや未承認のアセット、使用期限が切れたアセットなどを使用して法的なペナルティを受ける危険性を低減します。

デジタル著作権管理について詳しく見る

Adobe Experience Manager Assetsは、Creative Cloudアプリや一般的なファイル形式だけでなく、3Dやパノラマ、VR、ARなどの新しいファイル形式も含め、様々な形式に対応します。

ファイル形式のサポートについて詳しく見る

過去に制作したあらゆるバージョンを自動的に保存し、重複するバージョンを検出して削除したり、編集作業の進捗を追跡したりします。また、特定のバージョンを復元したり、ライセンスのないアセットや使用制限のあるアセットを誤用するリスクを低減します。

バージョン履歴について詳しく見る

ダイナミックメディアの配信

アドビ独自のコンポーネントフレームワークにより、動的なデジタルエクスペリエンスを管理、公開します。複数のデバイスをまたいでインタラクティブなマルチメディアエクスペリエンスをカスタマイズして提供します。


ダイナミックメディアについて詳しく見る

Adobe Experience Manager Sitesのエクスペリエンスフラグメントを有効活用できるダイナミックメディア機能を使用して、複数のスクリーンをまたいで、チャネルに依存しないインタラクティブなエクスペリエンスを一貫して再利用します。

エクスペリエンスフラグメント管理について詳しく見る

デバイスの種類や通信速度に応じ、SDまたはHDなどを含む最適な画質を自動的に選択して動画を配信し、IT担当者の手を借りずに、多様なニーズや画質、サイズ、エクスペリエンスに対応します。

動画サポートについて詳しく見る

Adobe Senseiの人工知能(AI)を利用して画像内の重要部分を自動的に検出して切り抜き、高品質なスウォッチを作成します。


スマート切り抜きについて詳しく見る

これまでにない速さで最適なコンテンツを配信

異なるチャネルやスクリーンに合わせてアセットを作成、配信するための面倒な作業がなくなります。人工知能(AI)やインテリジェントテクノロジーを活用して、これらのタスクを自動化できるので、一度アセットを作成するだけでアセットが繰り返し自動的に配信されるようになります。デバイスを問わず、迅速な読み込みや、適切な表示、インタラクティブなオファーを実現できます。

これまでにない速さで最適なコンテンツを配信

検索とメタデータ

何時間も(何日も)かかっていた仕事を数秒に短縮

面倒なタスクにかかる時間が減れば、優れた顧客エクスペリエンスの創出により多くの時間を割けるようになります。人工知能(AI)テクノロジーや堅牢なツールを活用することで、メタデータの追加やエクスポート、アセットのタグ付けや分類、最適な画像の検索などにかかる時間を大幅に削減できます。

アドビの人工知能と機械学習のエンジンであるAdobe Senseiを活用した直観的な自動検索オプションにより、必要なアセットをすばやく検索できます。

デジタルアセット検索について詳しく見る

ひとつの言語で検索キーワードを入力すれば、Adobe Senseiがそれを瞬時に翻訳し、事前に定義されたあらゆる言語のライブラリを横断的に検索して、該当するアセットを提示します。英語のメタデータしかない場合でも問題ありません。 

多言語アセット管理について詳しく見る

コンテンツのタグ付けを自動化します。Adobe Senseiの人工知能とマシンラーニングでアセットの内容を理解し、企業固有のキーワードを用いてインテリジェントなタグを生成します。

スマートタグについて詳しく見る

Creative Cloudとの統合

Adobe Experience Manager Assetsは、マーケターがDAM環境の中でAdobe InDesignのドキュメントやテンプレートを編集できる専用のワークスペースを提供します。

InDesign Serverについて詳しく見る

クリエイティブチームとマーケターの協同作業

Adobe Creative Cloud全体にわたってこのような接続性(言いかえれば、クリエイティブチームとマーケターのコラボレーション)を実現できるソリューションは、ほかにありません。クリエイティブチームは、Creative Cloudアプリケーション内から直接アセットを検索したり使用したりできるので、マーケターと協同で作業するチャンスが増え、マーケターはより迅速にコンテンツを作成および配信できるようになります。

クリエイティブチームとマーケターの協同作業

関連トピックス

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。