ファイル形式のサポート

幅広いファイル形式への対応は、DAMが備えるべき基本機能です。Adobe Experience Manager Assetsは、InDesign、Photoshop、IllustratorなどのCreative Cloudアプリケーションから、Word、PDF、JPEG、PNG、TIFなどの一般的なファイル形式に至るまで、幅広く対応しています。また、3Dやパノラマ、バーチャルリアリティ、拡張現実などの新しいファイル形式にもすばやく対応しているため、新しいテクノロジーで魅力的なユーザーエクスペリエンスを構築することも可能です。


3Dアセットを再利用して様々な用途に活用

魅力的なバーチャル体験を創出するには、膨大な時間とコストがかかります。しかし、既存の3Dアセットを生かせる機能があれば、予算や時間を抑て次世代型のエクスペリエンスを構築できます。  クリエイティブの制作プロセスを効率化し、使いやすいインターフェイスから既存の3Dアセットを調節、管理、提供できれば、リッチな顧客体験をより迅速に創出し、  スピーディに市場に投入できます。   

幅広いファイル形式をサポートする機能があれば、容量の大きい写真をフォトリアリスティックな3Dアセットに置き換えることが可能になります。これによりワークフローが大幅に簡略化され、あらゆるアセットを柔軟に利用できる環境が整います。高品質な3Dアセットをデジタルアセット管理(DAM)にシームレスに取り込み、様々なチャネルをまたいで訴求力のあるカスタマイズ可能なエクスペリエンスを提供しましょう。

次のような機能があります

Creative Cloudとのネイティブな連携
Adobe Dimensions CCで作成した高品質な3DアセットをDAMにシームレスに取り込むことができます。そのうえで、パーソナライズされた印象的なインタラクションを複数のチャネルをまたいで管理、提供できます。

新しいファイル形式の管理
Adobe Experience Manager Assetsでは、3D、VR、AR体験などの新しいファイル形式を既に利用できます。DAMと連携できるパートナーを探す必要はありません。

デバイス主導型のエクスペリエンス
景色、建物、風景またはスポットの中をデジタルによって仮想的に散策できるエクスペリエンスを提供できます。デバイスに合わせて最適化される標準ビューアを利用し、魅力的なVR体験で顧客に働きかけることができます。

ファイル形式のサポートの詳細

3Dアセットの機能の詳細

3Dアセットの機能の詳細 

3Dアセットをアップロードして適切に処理し、迅速に市場に投入する方法をご覧ください。 

さらに詳しく

訪問者を魅了するサイトの構築

webページに3Dアセットをレンダリングし、動的なユーザーエクスペリエンスを構築する方法をご覧ください。

さらに詳しく

訪問者を魅了するサイトの構築

関連機能

 

Brand Portal

完成したアセットを容易かつ安全にチャネルパートナーや社内外のチームに提供し、各チームに適切なアクセス権を割り当てます。

バージョン履歴

過去に制作したあらゆるバージョンを自動的に保存し、重複するバージョンを検出して削除したり、編集作業の進捗を追跡したり、特定のバージョンを復元したり、ライセンスのないアセットや使用制限のあるアセットを誤用するリスクを低減します。

アセットインサイト

データのインサイトを活用して、分析担当者に頼ることなく、最もパフォーマンスの高いアセットを把握したり、アセットのエンゲージメントや利用状況、インタラクションの状況などを明らかにします。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。