コード不要のデータマッピング

カスタム開発なしでデータソースをすばやく統合し、フォームフィールドやドキュメントにエンティティを視覚的にマッピングして、社内の様々な部門や関係者にまたがる顧客体験をパーソナライズしたり、申し込み処理を自動化できます。


視覚的にマッピングして、エクスペリエンスを最適化

申し込み処理の自動化とパーソナライズされたエクスペリエンスの提供を最大化するためには、様々なデータソースやプラットフォームからデータを抽出する必要があります。しかし、仕様の異なるデータソースやプラットフォームをつなぐことは容易ではありません。

Adobe Experience Manager Formsが提供するコード不要のデータマッピングでは、堅牢な基幹システムやデータソースを容易な操作で視覚的に統合できます。直観的なドラッグ&ドロップ操作によって、主要なソースを容易に統合し、ワークフローやプロセス、対象となるエクスペリエンスなどをマッピングできます。その際に、コードを記述する必要はありません。

次のような機能があります

次のような機能があります

ドラッグ&ドロップ操作による視覚的なデータ統合

容易かつ視覚的に統合を進めることができます。ドラッグ&ドロップによる視覚的な操作で、フォームフィールドやワークフローのステップ、ドキュメントコンテンツなどにデータをマッピングできます。

容易な自動化およびパーソナライゼーション

マッピングが終わったら、社内の複数の部門や関係者にまたがる申し込み処理を自動化したり、重要な顧客体験をパーソナライズできます。

 

適応、発展、エンゲージメント

アダプティブなフォームや双方向のコミュニケーションなどを含む重要な申し込み処理には、顧客インサイトを抽出するためにデータソースとの統合が必要になります。そうした統合をドラッグ&ドロップ操作で容易におこなえるようになりました。

コード不要のデータマッピングの詳細

既存のデータを統合

既存のデータを統合

アダプティブフォームのデータを取得する方法と、データを返送して各データソースを更新する方法をご覧ください。

さらに詳しく

関連機能

すぐに利用できるデータコネクター

すぐに利用できるコネクターを使えば、RDBMS(MySQL、SQL Server、Oracle)やMicrosoft Dynamicsなどの基幹システムと接続できるだけでなく、OdataやSwagger 2.0 Rest、SOAPなどの一般的なプロトコルを使用して、ほとんどのデータソースに接続できます。

パーソナライズされたコミュニケーション

一人ひとりの顧客にパーソナライズされたメッセージを届けます。業務の基幹システムにあるデータを直接ドキュメントテンプレートに統合し、手作業の余地を残しません。

フォームの自動入力

CRMやERPなどの基幹システムのデータを利用してフォームの情報を自動入力し、送信されたデータを基幹システムに戻すことで、モバイルデバイスでのキー入力の手間を軽減します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します