顧客とのコミュニケーションを重視し、あらゆる接点でロイヤルティを向上

顧客ごとにパーソナライズされた、的確でタイムリーなコミュニケーションを、電子メールやweb、モバイル、印刷など、顧客が望むチャネルで直接提供しましょう。これを、スケジュール方式またはオンデマンド方式、バッチ方式などによって数百万人という顧客に実行し、エンゲージメントを向上させるとともに、カスタマージャーニー全体でアップセルの機会を増やします。

顧客とのコミュニケーションに心を込める    

プライベートでも仕事でも、大事なのは人間関係です。人間関係が深まるほど、言葉に耳を傾けてもらったり、望むことを実行してもらえる可能性が高まります。しかし、相手の数が数千、数百万人となると、全体への効果を追い求めるあまり、個々の顧客との親密な関係を構築できなくなる場合もあります。 

賢い企業は、そうした状況で価値の高い関係性を構築するのは難しいことを知っています。テクノロジーの力を借りて、顧客ごとにパーソナライズされたコミュニケーションをあらゆるチャネルをまたいで提供するべきです。フラグメントベースのオーサリング機能、テーマエディターおよびドキュメントの自動作成機能を使用すれば、webや電子メール、印刷など、顧客が好むチャネル向けに顧客が望むコンテンツをすばやく作成できます。そうしたコンテンツを、オンデマンド方式やスケジュール方式、またはバッチ方式などにより、最適なタイミングで配信できます。

コミュニケーションを進めるために、自動返信を設定したり、インタラクティブな要素を使用して、顧客を次のステップや申し込みフォームへの情報入力に導くことも可能です。 その際、監査証跡によってコンプライアンスを維持できます。

アドビがお手伝いします

Adobe Experience Manager Formsには、的確なタイミングを見計らい、適切な方法で顧客とコミュニケーションをとるために必要なツールが揃っています。コンプライアンスに適合させ、モバイルや電子メール、webなどのチャネル向けにパーソナライズしたメッセージを作成し、オンデマンド方式やバッチ方式、スケジュール方式などによって配信を自動化することで、顧客と新たな関係を築き、維持することができます。的確なコンテンツを適切な場所にタイムリーに届けることは、何にも増して重要です。

「Adobe Experience Managerの機能を追加導入したことによって効率が向上し、推定利用者数が10%増加しました。可能性は無限大です」

Tajel Shah氏(Office of the Treasurer & Tax Collector、財務チーフアシスタント)

 

関連機能

マルチチャネルコミュニケーション

再利用可能なコンテンツをあるチャネルから別のチェンネルにドラッグ&ドロップすることにより、モバイル対応のwebコンテンツや印刷用コンテンツをひとつのエディターで容易に作成、プレビュー、公開します。

ドキュメント作成

PDFやPostScriptを含む様々な形式でドキュメントデータを生成したり、既存のPDFやXDPドキュメントを結合したり、レイアウトを変更したり、拡張したりできます。

パーソナライズされたコミュニケーション

一人ひとりの顧客にパーソナライズされたメッセージを届けます。業務の基幹システムにあるデータを直接ドキュメントテンプレートに統合し、手作業の余地を残しません。

その他の利点

レスポンシブ
フォーム

スケーラブル
オーサリング

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します