柔軟な配信

明細書の送付などを含むスケジューリングされたコミュニケーションや、イベントトリガーにもとづくオンデマンドのコミュニケーション、プライバシーポリシーの更新情報のようにあらゆる顧客に同時送信するバッチ方式のコミュニケーションなどのほか、様々なタイプのコミュニケーションを柔軟に設計、プレビュー、作成、配信できます。


最後の配信まで丁寧に

顧客満足度を維持するためには、プロセス全体を熟慮した柔軟なコミュニケーションが必要になります。例えば、どのようなメッセージを伝えるかだけでなく、どう伝えるかも重要であり、コミュニケーション方法を制限なく柔軟に検討できる基盤が求められているのです。

柔軟な配信により、最適なコミュニケーションを自動化する方法を選択できます。月次明細などの継続的なコミュニケーションについては、配信スケジュールを設定できます。トリガーを決めてオンデマンドなコミュニケーションを配信したり、バッチ方式による配信を選択して多数の顧客に情報を一斉通知することができます。 ワークフローのルールを設定すれば、コミュニケーションを配信する前に、特定のユーザーがコミュニケーションの一部を編集したり、パーソナライズできるようにすることも可能です。

次のような機能があります

返答の自動化
定義済みのビジネスルールに従い、数千のパーソナライズされたドキュメントを一括で作成、配信できます。これにより、反応を得られる可能性が最も高いタイミングで顧客に働きかけることができます。

配信のパーソナライズ
webや電子メール、アプリ、印刷など、顧客が望むチャネルを介してメッセージを送信できます。

柔軟な配信の詳細

インタラクティブなコミュニケーション

準備から配信まで、インタラクティブなコミュニケーションのプロセス全体を管理する方法をご確認ください。 

さらに詳しく

関連機能

パーソナライズされたコミュニケーション

一人ひとりの顧客にパーソナライズされたメッセージを届けます。業務の基幹システムにあるデータを直接ドキュメントテンプレートに統合し、手作業の余地を残しません。

ドキュメント作成

PDFやPostScriptを含む様々な形式でドキュメントデータを生成したり、既存のPDFやXDPドキュメントを結合したり、レイアウトを変更したり、拡張したりできます。

マルチチャネルコミュニケーション

再利用可能なコンテンツをあるチャネルから別のチェンネルにドラッグ&ドロップすることにより、モバイル対応のwebコンテンツや印刷用コンテンツをひとつのエディターで容易に作成、プレビュー、公開します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します