ドキュメント作成

PDFやPostScriptを含む様々なフォーマットでドキュメントを作成します。既存のPDFやXDPドキュメントを結合したり、レイアウトを変更したり、拡張したりします。


フォームから得られた情報をすばやくドキュメントに変換

webやモバイル向けのサイトを最適化するためには、顧客がすばやく効率的に情報を入力できる、レスポンシブで訴求力の高いアダプティブなフォームを作成する必要があります。時には、そうしたフォームから得た情報をすばやくドキュメントに変換する必要も生じます。

ドキュメント作成機能では、PDFやレーザープリンター、ラベルプリンターなどを含む様々なフォーマットでドキュメントを作成できます。PostScriptやPrinter Control Language(PCL)オプションを使用すれば、ドキュメントをネットワーク上やローカルのプリンターに送信したり、ファイルに保存できます。

次のような機能があります

次のような機能があります

Assemblerサービス
PDFやXDPドキュメントを結合、レイアウト変更、拡張したり、ドキュメントのフォーマット情報を取得できます。

Outputサービス
テンプレートをXMLフォームのデータと結合し、PDFやPostScript、ZPL、PCLなどの形式でドキュメントを出力できます。

プリンターサービスへの送信
API機能を利用し、作成したドキュメントを指定したプリンターに送信して印刷できます。ドキュメント作成機能なら、ZPLやIPL、DPL、TPCLラベルプリンターなどのフォーマットにも対応しています。

ドキュメント作成の詳細

フォーマットを選択

フォーマットを選択

ドキュメントを様々なフォーマットで出力したり、より手軽で効率的なフォームを作成する方法をご覧ください。

さらに詳しく

ドキュメント設定の詳細

Adobe Experience Managerのドキュメントサービスをインストールして設定する方法をご覧ください。

さらに詳しく

ドキュメント設定の詳細

関連機能

記録文書

PDF形式のドキュメントを自動的に作成、提供した後、利用しているコンテンツ管理システムやリポジトリーにアーカイブし、容易にコンプライアンスを維持します。

セキュリティとコンプライアンス

法規制の変更に即座に対応し、また、特定のコンテンツを編集、承認、および公開するためのアクセス権を管理して、セキュリティとプライバシーに関する国際標準規格に準拠します。

柔軟な配信

スケジュール設定されたコミュニケーションやオンデマンド、バッチ方式など、様々なタイプのコミュニケーションを設計、プレビュー、配信できます。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します