ドキュメントのセキュリティと暗号化

ファイアウォールの内外において、役割にもとづくアクセス権の管理と暗号化を適用し、PDFやMicrosoft Officeドキュメントを保護します。ドキュメントの配布後でも、権限の変更はリアルタイムに反映されます。


顧客ドキュメントの安全を確保し、ブランドを保護

クラウドの活用が一般化している今日、ドキュメントのセキュリティがこれまで以上に重視されています。ドキュメントを厳正に管理することにより、企業のアセットや情報を保護し、顧客や重要な関係者と信頼関係を築くことができるのです。ドキュメントのセキュリティに欠陥があると、ブランドや顧客に深刻な影響を及ぼす恐れがあります。

Adobe Experience Manager Formsが提供するドキュメントのセキュリティおよび暗号化機能は、ドキュメントデータを保護し、承認済みのユーザーのみにアクセス権を限定します。高度なセキュリティと暗号化によって、PDFやMicrosoft Office Word、Excel、PowerPointなどのファイルを厳正に管理できます。ドキュメントの利用状況に関する詳細な分析データも確認できます。

次のような機能があります

次のような機能があります

機密管理
ポリシーにもとづいてドキュメントを保護します。機密設定を使用して、受信者が印刷、コピー、テキスト編集、署名やコメントの追加などをおこなう方法を指定できます。

動的なポリシー
配布後でも、PDFやMicrosoftファイルのセキュリティポリシーを変更できます。

ドキュメントの暗号化
米国の連邦規格に準拠した暗号化により、PDFやMicrosoft Officeのドキュメントを保護できます。

ドキュメント使用権の取り消し
ドキュメントに対する顧客や社内外のスタッフのアクセス権を、配布後でも取り消すことができます。

ドキュメントのセキュリティと暗号化の詳細

セキュリティの詳細

セキュリティの詳細

Adobe Experience Manager Formsの一般的なアーキテクチャとドキュメントのセキュリティを解説したダイヤグラムをご確認ください。

さらに詳しく

ドキュメントの追跡およびセキュリティの詳細

プロアクティブフォームとセキュリティの追跡機能を使用してドキュメントを保護する方法をご覧ください。

ドキュメントの追跡およびセキュリティの詳細

関連機能

セキュリティとコンプライアンス

法規制の変更に即座に対応し、また、特定のコンテンツを編集、承認、および公開するためのアクセス権を管理して、セキュリティとプライバシーに関する国際標準規格に準拠します。

記録文書

PDF形式のドキュメントを自動的に作成、提供した後、利用しているコンテンツ管理システムやリポジトリーにアーカイブし、容易にコンプライアンスを維持します。

フォームのレポート

すぐに利用できるレポートダッシュボードを使用して、フィールドレベルの詳細な使用状況やプロセス全体における離脱率、主要指標を追跡することで、容易にフォームを分析し、改善します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します