ダイナミックフォーム

顧客の入力内容に合わせてリアルタイムにフォームを変更したり、顧客が入力した内容を保存し、途中で中断した後、どのデバイスからでも入力を再開できるようにします。また、データの自動入力によってミスを削減します。ダイナミックフォームでは、入力された内容のフォーマットを自動的に検証し、住所やクレジットカード番号などのデータが適切かどうかを確認します。


エクスペリエンスとデータの改善

デジタルフォームは事務のペーパーレス化に貢献しますが、それによって顧客に煩わしい思いをさせるのは避けたいところです。ほとんどのフィールドに情報を入力したのに、入力の途中だからという理由で内容が保存されないフォームや、自動入力で済ませられるはずの情報もことごとく手作業で入力しなければならないフォームでは、ストレスが高くなります。  

ダイナミックフォーム機能を利用すれば、顧客の負担を軽減するオンラインフォームを作成できます。フォームモデルをベースに作成したり、空白のフォームテンプレートをカスタマイズして作成できます。郵便番号にもとづいて市町村や都道府県などの情報を自動入力させる機能が顧客の労力を低減し、住所やクレジットカード番号を自動確認する機能によってエラーを削減します。顧客の入力内容に応じてフィールドの表示、非表示をリアルタイムに制御できます。コードを記述する必要はありません。

ダイナミックフォーム

動的な入力補助
フォームに動的な入力補助機能を追加し、顧客の入力内容に応じてフィールドの表示、非表示をリアルタイムに制御できます。


フィールドの検証

フォームに入力された情報のフォーマットが適切かどうかをリアルタイムに検証し、エラーと顧客のストレスを減らすことができます。住所の検証によって配送エラーを防止し、クレジットカード情報の検証が速やかな支払いや発送を可能にします。

フィールドの情報を自動入力
webサービスのデータを利用してフィールドに情報を自動入力できます。例えば、入力された郵便番号に応じて、市町村と都道府県を自動入力します。

 

ダイナミックフォームの詳細

 

フォームの利便性を強化

パーソナライズされたフォームを利用し、複数のチャネルをまたいでより多くの見込み客に働きかけ、顧客に変える方法をご覧ください。  

アダプティブフォームの作成

動的に変化するフォームの作成方法をご覧ください。

さらに詳しく

関連機能

モバイル対応レスポンシブフォーム

一度作成したフォームを、様々なデバイスでプレビューして表示状態を確認し、あらゆる画面サイズ向けに公開します。外出先にいる顧客が任意のデバイスを使用してフォームに記入できるようにします。

フォームの検索および発見

簡単な検索クエリやタグ、フィルター、位置情報などにより、顧客が必要なフォームを見つけやすくします。認証の有無に関わらず、パーソナライズされたポータルを通じてあらゆるデバイスに接続します。

フォームの自動入力

CRMやERPなどの基幹システムのデータを利用してフォームの情報を自動入力し、送信されたデータを基幹システムに戻すことで、モバイルデバイスでのキー入力の手間を軽減します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します