Adobe Experience Manager Formsの機能

Adobe Experience Manager Formsの機能

ビジネスフォームやドキュメントによって企業のデジタル成熟度を高めていくことは、容易ではありません。しかし、Adobe Experience Manager Formsを活用すれば、道はシンプルになります。あらゆるチャネルやデバイスにおいて、登録プロセスやコミュニケーションを顧客ごとに自在にパーソナライズできます。ビジネスのデジタル化を進めたいとお考えならば、Adobe Experience Manager Formsがすぐにお役に立ちます。

Adobe Experience Manager Formsの機能

電子登録

デジタル変革への第一歩

顧客はデジタル世界で活動し、企業側にもそれを求めています。アドビのツールを導入すれば、企業は顧客の期待に応えるだけでなく、期待を上回る動的な登録フォームを提供できます。オンラインとオフラインを問わず、あらゆるデバイスとチャネルから入力でき、今すぐ、あるいは時間を開けてからでも自在に入力できるフォームを提供できます。さらに、重要な指標を追跡し、顧客のデジタルエクスペリエンスを継続的に向上させることができます。

デジタル世界への第一歩

現場スタッフが外出中やオフラインのときに、フォームを利用して安全にやり取りできるようにします。写真やメモを添付し、承認のためにフォームを送信し、電子サインを得ることも可能です。

さらに詳しく

CRMやERPなどの基幹システムのデータを利用してフォームの情報を自動入力し、送信されたデータを基幹システムに戻すことで、モバイルデバイスでのキー入力の手間を軽減します。

さらに詳しく

顧客の入力内容に合わせてリアルタイムにフォームを変更できます。また、顧客の入力内容を保存することで、顧客が途中で入力を中断した後、どのデバイスからでも入力を再開できるようにすることが可能です。さらに、データの自動入力によってミスを削減できます。

さらに詳しく

すぐに利用できるレポートダッシュボードを使用して、フィールドレベルの詳細な使用状況やプロセス全体における離脱率、主要指標を追跡することで、容易にフォームを分析し、改善します。

さらに詳しく

簡単な検索クエリやタグ、フィルター、位置情報などにより、顧客が必要なフォームを見つけやすくします。認証の有無に関わらず、パーソナライズされたポータルを通じてあらゆるデバイスに接続します。

さらに詳しく

一度作成したフォームを、様々なデバイスでプレビューして表示状態を確認し、あらゆる画面サイズ向けに公開します。外出先にいる顧客が任意のデバイスを使用してフォームに記入できるようにします。

さらに詳しく

フォームやコミュニケーションの作成

Adobe Senseiを活用し、既存のPDFフォームと通常の入力フィールドを、分析ツールやテーマとリンクしたモバイル対応のレスポンシブなデジタル形式のアダプティブフォームに自動変換します。

さらに詳しく

カスタム開発なしでデータソースを統合し、フォームフィールドやドキュメントにエンティティをマッピングして、ブランド全体で顧客体験をパーソナライズしたり、申し込み処理を自動化します。

さらに詳しく

住所ブロックや免責条項など、複数のフォームとドキュメントで再利用できるフラグメントを、特定の担当者の手によって作成、承認、公開します。

さらに詳しく

すぐに利用できるコネクターを使えば、RDBMS(MySQL、SQL Server、Oracle)やMicrosoft Dynamicsなどの基幹システムと接続できるだけでなく、ODataやSwagger 2.0 Rest、SOAPなどの一般的なプロトコルを使用して、ほとんどのデータソースに接続できます。

さらに詳しく

パーソナライズされたコンテンツやオファーをドキュメントに組み込み、カスタマージャーニーの重要な顧客接点でアップセルとクロスセルを促進します。

さらに詳しく

法規制の変更に即座に対応し、また、特定のコンテンツを編集、承認、公開するためのアクセス権を管理して、セキュリティとプライバシーに関する国際標準規格に準拠することが可能です。

さらに詳しく

コンテンツを機械または人による翻訳サービスと容易にリンクさせることで、事前設定された一般的な言語を使用して商品やサービスを世界各地に提供できます。

さらに詳しく

企業独自のブランディングを一度作成すれば、それをあらゆるフォームとドキュメントに展開し、顧客とのあらゆるやり取りで一貫性のある魅力的なエクスペリエンスを提供可能です。

さらに詳しく

異なるバージョンのフォームのA/Bテストをネイティブにデザイン、実行します。結果をリアルタイムに確認し、効果の高いバージョンを選び出し、登録手続きのコンバージョン率を最大化します。

さらに詳しく

一度作成したコンテンツをあらゆる場所で再利用

不必要な労力は、可能な限り排除しましょう。アドビのツールなら、数百万人に上る顧客ごとにコンテンツをパーソナライズし、国や地域をまたいで容易に提供できます。あらゆるデータを収集して統合し、優れたパーソナライゼーションのために活用できます。アドレスブロックのような再利用可能なコンテンツフラグメントをあらゆるフォームで使用し、異なる言語への自動翻訳を適用したり、PDFで作られた古いフォームを自動的にモバイル向けのレスポンシブフォームに変換するなど、優れた自動化機能を活用できます。

顧客とのコミュニケーション

顧客を中心に据えたメッセージング

的確なタイミングで適切なメッセージを提供できれば、リピート顧客を維持しながら、新たな顧客を獲得できます。アドビのツールなら、パーソナライズされたメッセージをあらゆるチャネルに安全に送信可能です。ドラッグ&ドロップ操作によって容易に設定でき、送信のタイミングはオンデマンド、日時指定、バッチ配信などのオプションによって制御できます。

日時指定やオンデマンド、バッチ配信など、様々なタイプのコミュニケーションを設計、プレビュー、生成、配信できます。

さらに詳しく

PDFやPostScriptを含む様々な形式でドキュメントデータを生成したり、既存のPDFやXDPドキュメントを結合したり、レイアウトを変更したり、拡張したりできます。

さらに詳しく

ファイアウォールの内外において、役割にもとづくアクセス権の管理と暗号化を適用し、PDFやMicrosoft Officeドキュメントを保護します。ドキュメントの配布後でも、権限の変更はリアルタイムに反映されます。

さらに詳しく

データソースをリンクさせ、パーソナライズされたインタラクティブなチャートを様々なコミュニケーションに容易に埋め込み、顧客との重要なコミュニケーションの際にエンゲージメントを促進して顧客維持率を高めます。

さらに詳しく

再利用可能なコンテンツをチャネルからチャネルへとドラッグ&ドロップすることにより、モバイル対応のwebコンテンツや印刷用コンテンツをひとつのエディターで容易に作成、プレビュー、公開できます。

さらに詳しく

一人ひとりの顧客にパーソナライズされたメッセージを届けます。業務の基幹システムにあるデータを直接ドキュメントテンプレートに統合し、手作業の余地を残しません。

さらに詳しく

オンボーディングとワークフロー

バックオフィスの担当者による審査や承認、電子署名のためにカスタマイズされたワークフローと一元化されたダッシュボードを使用して、外出中でも送信された申し込みや各種申請を適切に処理します。 

さらに詳しく

PDF形式のドキュメントを自動的に作成、提供した後、利用しているコンテンツ管理システムやリポジトリーにアーカイブし、容易にコンプライアンスを維持します。

さらに詳しく

承認手続きでは、複数の顧客や社内の承認担当者が同時並行的にまたは順番に署名をおこなえる環境が必要です。Adobe Signのような電子サインソリューションを利用すれば、そのような承認プロセスのあらゆる段階で、様々なドキュメントやフォームに対し、法的に有効で安全性と信頼性の高い電子サインを実施可能です。

さらに詳しく

データを統合しながら視覚的にワークフローを設計して、フォームやオンボーディング、顧客とのコミュニケーションなどをリンクさせ、コンテンツ作成と承認のプロセスをリアルタイムに進めます。

さらに詳しく

プロセスのデジタル化で効率向上

ペンと紙を使用した手作業によるオンボーディングプロセスやワークフローはもう廃止しましょう。アドビが提供する確かなツールを使用すれば、様々な申請処理や承認プロセスの進行、法的な基準を満たす安全で信頼性の高い署名、コンテンツ管理システムへのドキュメントの配信とアーカイブなど、あらゆるプロセスを電子的に実行できます。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します