モバイル対応レスポンシブフォーム

外出先にいる顧客が任意のデバイスを使用してフォームに記入できるようにします。Adobe Experience Manager Formsなら、一度作成したフォームを様々なデバイスでプレビューし、あらゆる画面サイズ向けに公開できます。


モバイル対応はビジネス拡大の必須条件

今日、多くのことが移動中におこなわれるようになり、小さな画面とキーボードでも容易に記入できるフォームを用意することが企業に求められています。とは言え、同じフォームの異なるバージョンをデバイスごとに作成して管理するような手間のかかる手法は避けたいものです。

モバイル対応のレスポンシブフォームがこの問題を解決します。ひとつのフォームを作成し、様々なデバイスでどのように表示されるかをプレビューして確認できます。公開したフォームは、相手先のスクリーンに合わせて自動的にレンダリングされるため、顧客は移動中でも任意のデバイスを使用してフォームに記入できるようになります。スマートフィールドを使用すれば、フォームへの記入が容易になり、時間が節約され、間違いも少なくなります。

次のような機能があります

モバイルレスポンシブ
アダプティブフォームを使用すれば、モバイルデバイスの仕様に合わせてサイズが自動的に調整されるフォームを容易に作成できます。

統一されたルックアンドフィール
Formsを利用すれば、あらゆるデバイスに同じテーマを適用し、ブランドイメージの一貫性を維持できます。

チャネルをまたぐフォームの保存と記入の再開
途中まで記入したフォームを保存して、他のデバイスで記入を再開することができます。

フォームフィールドの検証
電話番号や住所などのフォームフィールドを検証し、コンテクストに応じたヘルプを提示してミスの可能性を低減できます。

モバイル対応レスポンシブフォームの詳細

モバイル対応レスポンシブフォームの詳細

Adobe Experience Managerに直接データを送信できるモバイルフォームの作成方法をご覧ください。

さらに詳しく

独自のフォームを作成

あらゆるデバイスと画面サイズに対応するモバイルフォームの作成方法をご覧ください。

さらに詳しく(英語)

関連機能

ダイナミックフォーム

顧客の入力内容に合わせてリアルタイムにフォームを変更したり、顧客が入力した内容を保存し、途中で中断した後、どのデバイスからでも入力を再開できるようにします。また、データの自動入力によってミスを削減します。

フォームの自動入力

CRMやERPなどの基幹システムのデータを利用してフォームの情報を自動入力し、送信されたデータを基幹システムに戻すことで、モバイルデバイスでのキー入力の手間を軽減します。

現場スタッフ用アプリ

現場スタッフが外出中やオフラインのときに、フォームを利用して安全にやり取りできるようにします。写真やメモを添付し、承認のためにフォームを送信し、電子サインを得ることも可能です。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します