マルチチャネルコミュニケーション

同期されたコンテンツをあるチャネルから別のチェンネルにドラッグ&ドロップすることにより、モバイル対応のwebコンテンツや印刷用コンテンツをひとつのエディターで容易に作成、プレビュー、公開します。


顧客が望む方法でリーチ

マーケターは毎日のように顧客にメッセージを発信しています。しかし、メッセージが顧客に届いていない可能性は少なくありません。なぜなら、顧客が好むコミュニケーション手段が顧客ごとに異なるからです。マーケターは顧客が最も快適と感じるチャネルを使用して、パーソナライズされたメッセージを届ける必要があります。また、多数のチャネルを介してコミュニケーションを取りたい場合、ひとつの内容を全体に適用しようとする考え方ではうまくいきません。

マルチチャネルコミュニケーションを利用すれば、コンプライアンスに配慮したモバイル対応のメッセージを作成して、新規と既存の両方の顧客との関係を強化できます。スマートフォンやタブレット、PC、印刷物などを含む多彩なチャネルで閲覧される、パーソナライズされたレターや明細書などを作成、送信できます。顧客が希望する方法でコミュニケーションをおこなえば、リーチを改善し、エンゲージメントを促進して、メッセージを確実に届けることができます。

 

次のような機能があります

次のような機能があります

変数のドラッグ&ドロップ(新機能)
コンテンツのドラフトを作成し、データ要素をドラッグ&ドロップして、テンプレート内の特定の変数コンテンツにすばやく結び付けることができます。

統合されたひとつのエディター
webサイト用と印刷用で異なるエディターを使用する必要はなく、ひとつのエディターであらゆるドキュメントを作成、編集できます。

マルチチャネルフラグメント
表やテキストブロックなど、一度作成したコンテンツを異なるチャネルにドラッグ&ドロップ操作で容易にコピーし、何度でも再利用できます。

 

マルチデバイスプレビュー
PCやスマートフォン、タブレットなど、様々なデバイスでドキュメントがどのように表示されるかをブラウザーで確認できます。

さらに詳しく

webと印刷の両方に使用できるテンプレートの作成

webと印刷の両方に使用できるテンプレートの作成方法をご覧ください。 

さらに詳しく

パーソナライズされたテキストの作成

インタラクティブなコミュニケーションのためのテキストを作成、編集、設定する方法をご覧ください。

さらに詳しく

コミュニケーションで顧客体験を変革

見込み客と獲得後の顧客体験をスムーズにつなぐ、コミュニケーション戦略の策定方法について、ご覧ください

さらに詳しく(英語)

関連機能 

パーソナライズされたコンテンツ

パーソナライズされたコンテンツやオファーをドキュメントに組み込み、カスタマージャーニーの重要な顧客接点でアップセルとクロスセルを促進します。

パーソナライズされたコミュニケーション

一人ひとりの顧客にパーソナライズされたメッセージを届けます。業務の基幹システムにあるデータを直接ドキュメントテンプレートに統合し、手作業の余地を残しません。

埋め込みチャート

データソースをリンクさせ、パーソナライズされたインタラクティブなチャートを様々なコミュニケーションに容易に埋め込み、顧客との重要なコミュニケーションの際にエンゲージメントを促進して顧客維持率を高めます。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します