すぐに利用できるデータコネクター

コアシステムを統合するために、多くの開発工程を伴う複雑なセットアップは必要ありません。すぐに利用できる
コネクターを使用すれば、RDBMS(MySQL、SQL Server、Oracle)、OData、Microsoft Dynamicsに接続できるだけでなく、OData、Swagger 2.0 REST、SOAPなどの一般的なプロトコルを使用してほとんどのデータソースに接続できます。


システム間の統合を容易に

コアシステムの統合は、多くの開発作業を必要とし、コストもかかり、様々な点を考慮しなければならない手間のかかる作業になりがちです。しかし、それを避けて通ることはできません。データを適切に接続すれば、フォームやメッセージに顧客データを自動入力したり、業務の基幹システムにデータを送信できるようになります。

Adobe Experience Manager Formsには、設定不要ですぐに利用できるデータコネクターが実装されており、異なる基幹システムやデータソースを容易に統合できます。コアシステムを置き換える必要はありません。既存のあらゆるデータソースを統合すれば、Adobe Experience Manager Formsをフロントエンドのエクスペリエンスレイヤーとして活用できるようになります。最終的に目指すのは、プラットフォームの違いを問わず、常に最高のパフォーマンスと一貫性を備えたまとまりのあるエクスペリエンスを促進できる仕組みです。まさに、究極の形と言えるでしょう。

次のような機能があります

変数のドラッグ&ドロップ(新機能)
コンテンツのドラフトを作成し、データ要素をドラッグ&ドロップして、テンプレート内の特定の変数コンテンツにすばやく結び付けることができます。

容易な統合
Adobe Experience Manager Formsのすぐに利用できるコネクタが実装されており、MySQL、SQL Server、OracleなどのRDBMSだけでなく、ODataやMicrosoft SOAPサービスともシームレスに統合できます。

プロセスの効率化
データの統合は、企業の業務プロセスを効率的に機能させるために不可欠なものです。データを統合することで、異なるデータソースを容易に利用し、常に快適にビジネスデータをやり取りできるようになります。

最適化のためのカスタマイズ
基本的なカスタマイズをおこなうだけで、ファーストパーティとサードパーティのデータソースホストを統合できます。これにより、欠くことのできないあらゆるデータをつなぐことができます。

すぐに利用できるコネクターの詳細

データソースを容易に構成する方法

データソースの接続方法、顧客プロファイルの構築方法、クラウド構成やREST APIの使用方法などをご覧ください。

さらに詳しく

フォームデータモデルの作成

フォームデータモデルを作成する方法や、コーディングなしで作成した既存のフォームデータモデルにソースを関連付ける方法をご覧ください。

さらに詳しく

関連機能

コード不要のデータマッピング

カスタム開発なしでデータソースを統合し、フォームフィールドやドキュメントにエンティティをマッピングして、ブランド全体で顧客体験をパーソナライズしたり、申し込み処理を自動化します。

フォームの自動入力

CRMやERPなどの基幹システムのデータを利用してフォームの情報を自動入力し、送信されたデータを基幹システムに戻すことで、モバイルデバイスでのキー入力の手間を軽減します。

パーソナライズされたコミュニケーション

一人ひとりの顧客にパーソナライズされたメッセージを届けます。業務の基幹システムにあるデータを直接ドキュメントテンプレートに統合し、手作業の余地を残しません。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します