パーソナライズされたコミュニケーション

一人ひとりの顧客にパーソナライズされたメッセージを届けます。業務の基幹システムにあるデータを直接ドキュメントテンプレートに統合し、手作業の余地を残しません。


パーソナライゼーションを自動化

あらゆるチャネルでパーソナライズされたエクスペリエンスを提供することの重要性もさることながら、それ以上にメッセージの内容が重要であることを理解しておきましょう。顧客への語りかけ方を工夫することこそ、ブランドの良さを伝えるための重要な要素です。的確なメッセージを適切な顧客に、顧客が望むチャネルで届ける必要があります。また、コミュニケーションをパーソナライズするには、自動化され、コンプライアンスを考慮した、モバイルに対応できる手法が必要になります。

パーソナライズされたコミュニケーションを導入すれば、顧客ごとにパーソナライズされたレターや明細書その他のコミュニケーションを、統合されたひとつの基盤から提供できるようになります。また、顧客ごとに固有の情報を盛り込んだ何千通規模のドキュメントをまとめて作成することも可能になります。統合されたデータを使用して、パーソナライズされた正確な明細書やレターなどのドキュメントを作成できるようになれば、手作業によるパーソナライゼーションは不要になります。

次のような機能があります

オーサリングの合理化(新機能)
データ要素を直接テンプレートにドラッグ&ドロップすることや、ショートカットを使用することができます。
キーボードコマンドを使って瞬時に統合データを検索できます。

ターゲティングされたオファー
ターゲティングされたコンテンツを動的にドキュメントに挿入できます。これにより、一人ひとりの顧客に向けてパーソナライズされたオファーを提示できるようになり、クロスセルやアップセルを継続的に提案できるようになります。

 

パーソナライズ
消費パターンや製品の使用状況など、顧客の行動にもとづくパーソナライズされたチャートを提供して、顧客エクスペリエンスを向上させることができます。

統合
既存のCRMやERPのシステムと統合することで、顧客ごとにパーソナライズされた正確な明細書を作成できるようになります。作成した明細書は、顧客の望むチャネルを通じて提供できます。

 

パーソナライズされたコミュニケーションの詳細

インタラクティブなコミュニケーション

事例やワークフローを含め、インタラクティブなコミュニケーションの実際をご覧ください。

さらに詳しく

インタラクティブなコミュニケーション

マルチチャネルコミュニケーションのパーソナライズ

パーソナライズされたコミュニケーションを通じてビジネスを成功に導く方法をご覧ください。 

動画を見る(英語)

関連機能

コード不要のデータマッピング

カスタム開発なしでデータソースを統合し、フォームフィールドやドキュメントにエンティティをマッピングして、ブランド全体で顧客体験をパーソナライズしたり、申し込み処理を自動化します。

すぐに利用できるデータコネクター

すぐに利用できるコネクターを使えば、RDBMS(MySQL、SQL Server、Oracle)やMicrosoft Dynamicsなどの基幹システムと接続できるだけでなく、OdataやSwagger 2.0 Rest、SOAPなどの一般的なプロトコルを使用して、ほとんどのデータソースに接続できます。

マルチチャネルコミュニケーション

再利用可能なコンテンツをあるチャネルから別のチェンネルにドラッグ&ドロップすることにより、モバイル対応のwebコンテンツや印刷用コンテンツをひとつのエディターで容易に作成、プレビュー、公開します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します