レスポンシブフォームで、顧客のレスポンスを高める

レスポンシブフォームは、複雑なプロセスをシンプルにします。レスポンシブフォームなら、どのブラウザーやデバイスでも顧客は容易にフォームを見つけて記入することができます。ペンや紙などは使用せず、デジタルで登録手続きがスムーズに完了します。その結果、フォームの記入を途中で放棄する顧客が減り、顧客維持率が向上するとともに、時間とリソースの節約にもつながります。

あらゆるチャネルで顧客のレスポンスを高める

今日、世界を変えているデジタルイノベーションは、オンラインでのショッピングだけでなく、新しいプログラムやサービスへの登録もますます容易にしています。しかし、良いことばかりではありません。紙の書類を印刷して記入し、保管すればよかった従来のシンプルなプロセスが、デジタル化によって複雑になり、様々なデバイスとチャネルへの対応が求められ、顧客の高い期待に応えなければならなくなっているからです。

従業員の過剰な負担を削減し、顧客離れを防ぐためには、フォームへの記入をあらゆる観点から容易にする必要があります。顧客が企業のwebサイトで容易にフォームを見つけ、どのデバイスでも可能な限り少ない操作でフォーム入力できるようにする必要があります。また、後で入力を再開する場合でも、初めからやり直さなくて済むような機能も必要です。

同時に、担当者がフォームを容易にデザインし、提供できる仕組みが必要です。まず、いかなるデバイスやチャネルでも適切に表示されるフォームを作成できなければなりません。さらに、顧客の反応に即してフォームをリアルタイムに変更できる機能、既存の顧客データやソーシャルメディアのプロファイルから抽出したデータを自動入力してエラーを軽減できる機能なども求められます。そして、必要に応じていつでも紙に印刷できるように、記入済みのフォームのPDF版を規格に準拠した形式で自動生成できなければなりません。

アドビがお手伝いします

Adobe Experience Manager Formsは、オンラインフォームを企業と顧客の双方にとってシンプルなものへと大きく進化させます。バックエンドでは、美しいフォームレイアウトをコードを記述することなく短時間に作成し、検証可能にするとともに、Adobe Experience Manger Sitesとの容易な統合を実現します。フロントエンドでは、顧客が適切なフォームを容易に見つけ、デバイスやチャネルの種類を問わずに、安全かつ容易にフォームに記入し、登録手続きを完了できるようにします。

Adobe Experience Manager Formsを導入すれば、誰にとっても登録手続きが容易になります。

「社内のバンキングシステムは完全にデジタル化されました。今後の課題は、お客様の視点に立って、さらに充実したデジタル機能を提供していくことです」

Klaus Fiedel氏(Investitionsbank Berlin、IT責任者)

関連機能

ダイナミックフォーム

顧客の入力内容に合わせてリアルタイムにフォームを変更したり、顧客が入力した内容を保存し、途中で中断した後、どのデバイスからでも入力を再開できるようにします。また、データの自動入力によってミスを削減します。

フォームの自動入力

CRMやERPなどの基幹システムのデータを利用してフォームの情報を自動入力し、送信されたデータを基幹システムに戻すことで、モバイルデバイスでのキー入力の手間を軽減します。

フォームの検索および発見

簡単な検索クエリやタグ、フィルター、位置情報などにより、顧客が必要なフォームを見つけやすくします。認証の有無に関わらず、パーソナライズされたポータルを通じてあらゆるデバイスに接続します。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します