人工知能(AI)による拡張性を生かして、顧客とのあらゆるやり取りを成功へと導く  

マシンラーニング(機械学習)とAIを活用し、顧客ニーズに迅速かつ自動的に応えるエクスペリエンスでより多くの価値ある顧客にリーチします。

最適なエクスペリエンスを容易に創出

最適なエクスペリエンスを容易に創出

優れたデジタルエクスペリエンスの提供には、コンテンツとデータの連携が不可欠です。データが顧客のニーズを明らかにし、コンテンツが顧客の注目を維持します。しかし多くのブランドは、チャネルとデバイスの急激な増加によってこのバランスを保つことが難しくなっており、データが過剰に蓄積される半面、コンテンツが不足するという事態に陥っています。 

人工知能の活用によって、この状況を変えることができます。マーケターが日々の繰り返し作業から解放されれば、適切なコンテンツの作成、管理、提供が格段に容易になります。これにより、webやモバイルのごく少数の利用者と個別にやり取りする代わりに、数百万の顧客に同時にリーチできるようになります。社内、社外のチャネルを問わず、追加作業も発生しません。人工知能とクラウド基盤が細かな作業を肩代わりしてくれるので、記憶に残るエクスペリエンスの構築に専念できます。

人工知能を活用した拡張性のデモを見る

アドビがお手伝いします

アドビがお手伝いします

Adobe Senseiの人工知能とマシンラーニングを活用して、様々なデータソースの既知の顧客と未知の顧客の属性をもとに統合顧客プロファイルを構築し、顧客ごとにカスタマイズされたエクスペリエンスを大規模に提供できます。顧客数がきわめて膨大でも問題ありません。これこそがスケーラビリティの真骨頂です。再利用可能なコンテンツ機能などにより、一度作成したコンテンツを無制限に繰り返し再利用して、手間のかかる反復作業を減らして効率を高めます。 

また、人工知能を活用すれば、コンテンツ作成を高速化し、あらゆるチャネルに迅速に展開できます。例えば、あらかじめコンテンツのバリエーションを作成しておけば、マシンラーニングが顧客の行動とコンテクストのデータを分析し、あらゆるチャネルに対して顧客ごとに最適なコンテンツを選択して提供します。また、デバイスの画面サイズに合わせて、人工知能が大きなテキストブロックを自動的に要約して提供します。エクスペリエンスの提供が開始されると、人工知能が予期しないトラフィックの急増を検出してキャパシティを自動的に拡張するため、webサイトの安定した運用が可能です。マーケティングの効果をリアルタイムに測定し、あらゆるコンテンツを相手の状況に合わせて自動調整することにより、メッセージは常に適切なものとなり、あらゆる顧客とのつながりを維持できます。

Adobe Experience Manager SitesにおけるAdobe Sensiの活用について見る(英語)

Manulife

「当社のパブリッシングチームによれば、以前のソリューションとAdobe Experience Managerには雲泥の差があります。AEMは効率性が格段に高く、直感的に使えます」

Sophie Bellemare氏(Manulife、戦略的デジタルイニシアチブ担当AVP)

人工知能を活用した拡張機能

 

拡張機能

すぐに利用できるコンポーネント

パンくずリスト(階層リンク)、フォーム、ページナビゲーション、ティーザー、検索など、後方互換性を備えた標準装備のコンポーネントを使用してページを作成し、制作者と開発者の時間を節約します。

マルチサイト管理

モバイルとwebのプロパティをひとつの基盤で管理し、様々なキャンペーンやメッセージングをまたいでブランドのアイデンティティを維持します。各地のビジネスユーザーは、地域ごとに固有の変更を加えてコンテンツを更新し、それぞれの地域に最適な情報を提供できます。

テキスト自動要約

Adobe Senseiが持つ自然言語処理のテクノロジーを活用し、相手先デバイスの画面サイズに合わせてテキストを自動的に要約します。一度作成したテキストは、チャネルをまたぐエクスペリエンス全体にわたって容易に再利用できます。

関連コンテンツ

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。