高まる一方の顧客の期待に応え、ベストなコンテンツを生み出し続ける方法とは  

あらゆるチャネルやデバイス、顧客向けに最適なコンテンツを作成することは容易ではありません。例えば、webサイト用のレイアウトやモバイル用の画像を用意したり、相手の興味関心に合わせて顧客ごとにメッセージをパーソナライズする必要があります。Adobe Experience Manager Sitesを導入すれば、数時間でランディングページを作成したい場合でも、ITチームとマーケティングチームの連携を効率化したい場合でも、様々なニーズに対応できます。

webコンテンツ管理が土台

チャネルとデバイスが急増している今日、企業はかつてないほど大量のコンテンツを生み出さなければなりません。そのため、コンテンツ管理基盤は、あらゆる企業の土台を担う重要なツールになっています。Gartnerによるwebコンテンツ管理(WCM)のマジッククアドラントにおいて、アドビは市場のリーダーという評価を獲得しています。主な理由は、優れたコンテンツこそが企業競争力を高めるという事実を、アドビがよく理解しているからです。マーケティングに適したテンプレートや柔軟な開発ツールなどを使用すれば、顧客が求めるコンテンツを的確なタイミングで容易に提供できます。

クロスチャネルで提供するコンテンツが顧客を魅了

企業は、カスタマージャーニーをすばやく移動する顧客に付いていく必要があります。顧客とやり取りするたびにコンテンツを手作業で用意していたのでは、とても間に合いません。クロスチャネルのコンテンツを導入すれば、webやモバイルの領域を超え、シングルページアプリケーションやIoTデバイス、実店舗内のスクリーンなどを通じて顧客に働きかけることが可能になります。ハイブリッドやヘッドレスのCMSを使用すれば、マーケターと開発者が同時に業務を進め、コンテンツ管理をさらに強化することができます。

パーソナライズされたエクスペリエンスが効果を向上

どんなに優れたコンテンツでも、相手の興味関心に即した魅力的な内容になっていなければ成果を出すことはできません。Gartnerのマルチチャネルマーケティングハブのマジッククアドラントでにおいて、市場のリーダーとの評価を獲得しているアドビは、web、モバイル、シングルページアプリケーション、実店舗内スクリーン、IoTデバイスなどを含むあらゆるチャネルでエクスペリエンスをパーソナライズすることに詳しい専門家集団です。分析ツールとマシンラーニング(機械学習)を活用し、コンテンツを顧客のニーズに迅速かつ確実に対応させ、あらゆる顧客接点において的確なタイミングで、相手に合ったコンテンツを提供できます。

人工知能を活用した拡張性により、競争力を維持

マーケターには、顧客と有意義な関係を構築するための自由な時間が必要です。手間のかかる業務や反復的な作業に時間を費やしている余裕はありません。Adobe Senseiの人工知能(AI)とマシンラーニングを活用すれば、カスタマージャーニーの各段階で最適なエクスペリエンスを選択するために、顧客の興味関心や行動などのデータを分析できます。Gartnerのwebコンテンツ管理(WCM)のマジッククアドラントにおいて、アドビが何年も連続して市場のリーダーとしての評価を得ている理由のひとつには、このような機能が評価されている点があります。マーケターはクリエイティブな仕事に専念し、それ以外の業務は人工知能に任せましょう。

「当初、トラフィック全体に占めるモバイルとタブレットの割合は15%ほどでしたが、その後、50%近くまで上昇しました。Adobe Marketing Cloudのようなレスポンシブデザイン機能を利用できるテクノロジーを導入したことは、最適な選択でした」

Joost van Dun氏(Philips、コーポレートエクスペリエンス担当ITマネージャー)

PHILIPS

関連トピックス

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。