高まる一方の顧客の期待に応え、ベストなコンテンツを生み出し続ける方法とは  

あらゆるチャネルやデバイス、顧客向けに最適なコンテンツを作成することは容易ではありません。例えば、webサイト用のレイアウトやモバイル用の画像を用意したり、相手の興味関心に合わせて顧客ごとにメッセージをパーソナライズする必要があります。Adobe Experience Manager Sitesを導入すれば、数時間でランディングページを作成したい場合でも、ITチームとマーケティングチームの連携を効率化したい場合でも、オムニチャネル機能を活用して様々なニーズに対応できます。

webコンテンツ管理が土台

コンテンツ管理基盤は、あらゆる企業にとって必要不可欠なものになりました。Gartnerは、アドビをwebコンテンツ管理市場のリーダーと評価しています。主な理由は、優れたコンテンツこそが企業競争力を高めるという事実を、アドビがよく理解しているからです。マーケティングに適したテンプレートや柔軟な開発ツール、クラウドネイティブな基盤の俊敏性、実績あるベストプラクティスにもとづいた迅速なエクスペリエンスの公開など、アドビの基盤の利点を活用すれば、顧客が求めるコンテンツを的確なタイミングで容易に提供できます。

クロスチャネルで提供するコンテンツが顧客を魅了


企業は、カスタマージャーニーをすばやく移動する顧客に付いていく必要があります。アドビのクロスチャネルコンテンツ機能を活用すれば、コンテンツの配信先に関わらず、コンテクスト内でコンテンツを作成および編集できます。また、そのコンテンツを再利用して、webやモバイルの領域を超え、IoTデバイスやシングルページアプリケーション、実店舗内のスクリーンなどを通じて顧客に働きかけることが可能になります。マーケターと開発者が同時に業務を進めることができるので、コンテンツ管理を強化することができます。

パーソナライズされたエクスペリエンスが効果を向上

どんなに優れたコンテンツでも、顧客の興味関心に即した内容になっていなければ成果を出すことはできません。1stパーティ、2ndパーティおよび3rdパーティから入手したデータをつなぎ合わせて統合顧客プロファイルを作成すれば、あらゆるデバイスやチャネルに向けて、リアルタイムで優れたエクスペリエンスを提供するために必要なインサイトを得ることができます。業界をリードする、アドビのコンテンツ管理や分析、最適化のツールを使用すれば、適切なエクスペリエンスをタイミングよく、的確な顧客に提供できます。

人工知能を活用した拡張性により、競争力を維持

マーケターには、顧客と有意義な関係を構築するための自由な時間が必要です。手間のかかる業務や反復的な作業に時間を費やしている余裕はありません。アドビの人工知能(AI)とマシンラーニング(機械学習)を活用すれば、カスタマージャーニーの各段階で最適なエクスペリエンスを選択するために、顧客の興味関心を分析できます。これが、アドビがGartnerから、何年も連続して市場のリーダーとしての評価を得ている理由のひとつです。マーケターはクリエイティブな仕事に専念し、それ以外の業務は人工知能に任せましょう。 

最新のアプリエクスペリエンスによる差別化

適切で高品質なデジタルエクスペリエンスに対する、顧客の期待は高まる一方です。そのため、マーケターと開発者は、より迅速にパーソナライズされたエクスペリエンスを設計、構築、テスト、提供するために、効率的な共同作業をおこなう必要があります。それを実現するため、アドビでは、安全かつ拡張可能なクラウド環境において、チャネル固有のコンテンツとチャネルに依存しないコンテンツの両方に対応するコンテクスト内編集機能と、最新のアプリおよびヘッドレステクノロジーを組み合わせて提供しています。また、顧客に提供するエクスペリエンスが時代後れにならないように、シングルページアプリケーションなどの最新のフレームワークに対するサポートに継続的に取り組んでいます。

関連トピックス

関連トピックス

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。