Adobe Experience Manager Sitesと競合他社製品の違いとは

CMSはwebサイトを管理するだけの基盤ではありません。デジタル顧客接点は常に進化しています。任意のチャネル、任意のデバイスに対応できるアドビのCMSが、どのように他社と差別化されるのかをご紹介します。

 

最適なCMS製品の評価基準

コンテンツマーケティングソリューションを選ぶ際の重要な評価基準について、無料のガイドをご覧ください。

他社製品

Adobe Experience Manager Sites


容易なオーサリング

複数のユーザーインターフェイスが提供されるか、まったく提供されません。一部のプラットフォームでは制作者がコンテンツを再利用できるものの、プロセスにはさらなる合理化の余地があります。 

インコンテクストかつヘッドレスな編集環境を提供します。さらに制作者は、一元化されたインターフェイスでセグメントベースのパーソナライゼーション、マルチサイト管理、翻訳、ワークフロー管理、レスポンシブプレビューなどの機能を柔軟に利用できます。


オムニチャネルコンテンツの配信

一部のベンダーの製品ではヘッドレスAPIを使用するオムニチャネルのコンテンツ配信機能が用意されているものの、コンテクスト内でエクスペリエンスを作成、プレビュー、編集するマーケティング機能の柔軟性は限られています。その結果、マーケティング部門とIT部門の両方のワークフローが非効率的です。

マーケターと開発者がコンテキストにもとづき容易かつ同時並行的に使用できる、再利用可能なコンテンツとコンポーネントが提供され、あらゆるチャネルをまたいでコンテンツを配信できます。アドビのハイブリッドアーキテクチャを使用すれば、従来型のwebやシングルページアプリケーションを管理できるだけでなく、APIを通じてネイティブアプリやIoTデバイスなどの新興チャネルにもコンテンツを柔軟に配信できます。


効果的なパーソナライゼーション

事前に定義されたセグメントにもとづく限定的なパーソナライゼーションが、ネイティブまたはサードパーティーとの統合を通じて提供されます。ただし、多くの場合、特定のコンテクストまたはカスタマージャーニーの段階に合わせた動的コンテンツを配信しようとすると、規模の拡大に苦慮します。

基本的なニーズに対応するだけでなく、人工知能(AI)とマシンラーニング(機械学習)を利用してコンテクストに即した動的なパーソナライゼーションを実現する、拡張性に優れた業界最高峰のツールキットを提供します。また、1stパーティ、2ndパーティ、3rdパーティのデータを統合して顧客行動を把握し、最適なコンテンツを配信できるようにします。 


クラウドの俊敏性

一般的なクラウドサービスとサポートが提供されますが、アプリケーションの高可用性、拡張性、適応性を確保するためのリソースが不足しています。

常時稼働のクラウドネイティブサービスを提供します。メンテナンス、アップデート、パッチ適用のためのダウンタイムは発生しません。常に最新の機能を利用でき、トラフィックパターンに応じて拡張し、ベストプラクティスにもとづいて学習することにより最適なパフォーマンスを実現します。また、開発者が、新しいエクスペリエンスを迅速にテスト、反復作業、展開するための俊敏性を備えています。


総所有コスト

一部ではすぐに利用できるwebコンポーネントが提供されますが、これらは通常新しいバージョンがリリースされた場合に互換性がなく、長期的には高いアップグレードコストがかかります。また、多くの場合、サードパーティの一般的なデジタルエクスペリエンス向けテクノロジースタックとの統合が必要なため、統合のための高いコストとアップグレードに対するリスクが発生します。

本番環境での使用に対応しながらも構成可能なコンポーネントとともに、導入コストを削減する効果的なベストプラクティスが提供されます。2年ごとにコストのかかるアップグレードをおこなうことなく、常に最新機能を利用できます。また、アドビの包括的な業界最高峰のデジタルエクスペリエンス製品を使用すれば、異なるテクノロジースタックを統合するためのリスクとコストを回避できます。


他社製品
複数のユーザーインターフェイスが提供されるか、まったく提供されません。一部のプラットフォームでは制作者がコンテンツを再利用できるものの、プロセスにはさらなる合理化の余地があります。

Adobe Experience Manager Sites
アドビ製品を利用すれば、コンテキストに基づくヘッドレスオーサリングを実現できます。さらに制作者は、一元化されたインターフェイスでセグメントベースのパーソナライゼーション、マルチサイト管理、翻訳、ワークフロー管理、レスポンシブプレビューなどの機能を柔軟に利用できます。

他社製品
一部のベンダーの製品ではヘッドレスAPIを使用するオムニチャネルのコンテンツ配信機能が用意されているものの、コンテキストに基づいてエクスペリエンスを作成、プレビュー、編集するマーケティング機能の柔軟性は限られており、その結果マーケティング部門とIT部門の両方においてワークフローの効率が低下します。

Adobe Experience Manager Sites
アドビ製品を利用すれば、マーケターと開発者がコンテキストに基づき簡単に並行して使用できる、再利用可能なコンテンツとコンポーネントが提供され、あらゆるチャネルにわたってコンテンツを配信できます。アドビのハイブリッドアーキテクチャを使用すれば、従来型のwebやシングルページアプリケーションを管理できるだけでなく、APIを通じてネイティブアプリやIoTデバイスなどの新興チャネルにもコンテンツを柔軟に配信できます。

他社製品
ネイティブまたはサードパーティ統合によって事前定義されたセグメントに基づき、制限されたパーソナライズ機能が提供されます。ただし、多くの場合、カスタマイズされた動的コンテンツの配信を特定のコンテキストやカスタマージャーニーステージに拡大する際に困難が生じます。

Adobe Experience Manager Sites
アドビは、人工知能と機械学習機能を活用して動的なコンテキストベースのパーソナライズ機能をサポートし、基本的なニーズに対処しながら、拡張性に優れた業界最高レベルのツールキットを提供しています。また、1stパーティ、2ndパーティ、3rdパーティのデータを統合して顧客行動を把握し、最適なコンテンツを配信できるようにします。

他社製品
一般的なクラウドサービスとサポートが提供されますが、アプリケーションの高可用性、拡張性、適応性を確保するためのリソースが不足しています。

Adobe Experience Manager Sites
アドビは常時稼働のクラウドネイティブサービスを提供します。メンテナンス、アップデート、パッチ適用のためのダウンタイムは発生しません。常に最新の機能を利用でき、トラフィックパターンに応じて拡張でき、ベストプラクティスに基づいて学習することにより最適なパフォーマンスを実現します。また、開発者が、新しいエクスペリエンスを迅速にテスト、反復作業、展開するための俊敏性を備えています。

他社製品
一部ではすぐに利用できるwebコンポーネントが提供されますが、これらは通常新しいバージョンがリリースされた場合に互換性がなく、長期的に高いアップグレードコストがかかります。また、多くの場合、サードパーティの一般的なデジタルエクスペリエンス向けテクノロジースタックとの統合が必要なため、統合のための高いコストとアップグレードに対するリスクが発生します。

Adobe Experience Manager Sites
アドビでは、本番環境での使用に対応しながらも構成可能なコンポーネントとともに、導入コストを削減する効果的なベストプラクティスが提供されます。2年ごとにコストのかかるアップグレードをおこなうことなく、常に最新機能を利用できます。また、アドビの包括的な業界最高峰のデジタルエクスペリエンス製品を使用すれば、異なるテクノロジースタックを統合するためのリスクとコストを回避できます。

アナリストによる比較

The Forrester Wave™:webコンテンツ管理システム(2018年第4四半期)

Gartnerのwebコンテンツ管理のマジッククアドラント(2019年)

Gartnerのデジタルエクスペリエンスプラットフォームのマジッククアドラント(2019年)

Adobe Experience Managerと他のCMSとの根本的な違いは、その使いやすさです

Kamran Shah氏(Silicon Labs、コーポレートマーケティングディレクター)

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。