Adobe Experience Manager Sitesと他社製品の比較  

市場にある数多くのコンテンツ管理システムの中で、Adobe Experience Manager Sitesが高い評価を得ている理由を説明します。

他社製品

Adobe Experience Manager Sites


エクスペリエンスの構築

複数のUIとインターフェイスを提供し、コンテンツを再利用できるプラットフォームもありますが、プロセスには改善の余地があります。

使いやすいドラッグ&ドロップ方式の環境で、効率的にコンテンツのオーサリングと再利用をおこない、本番対応コンポーネントを利用できるほか、マーケティングチームとITチームが連携してエクスペリエンスを効率よく構築できる共同作業用の機能も備えています。


オムニチャネル配信、ハイブリッド/ヘッドレスCMS

マルチチャネル配信に対応していますが、CMSのコンテンツ作成とプレゼンテーションレイヤーが切り離せない構造になっているため、幅広いチャネルやフォーマットに対応できなかったり、機能が不足していたりして、複数のチャネルをまたいでエクスペリエンスを適応させることができません。

コンテンツとエクスペリエンスのフラグメント、API、Adobe Senseiのマシンラーニングなどを活用するハイブリッドな配信方法を採用しています。従来型チャネルか新興チャネルかを問わず、パーソナライズされたエクスペリエンスを幅広い顧客接点とフォーマットをまたいで効率的に提供します。


コンテンツインテリジェンス

パーソナライゼーションとワークフローの自動化にマシンラーニング(機械学習)を活用していますが、顧客の興味関心に最も適したコンテンツを提供するためのターゲティング機能の精度に難があります。

Adobe Senseiの人工知能を利用してページのサイズ、レイアウトおよびテキストを最適化し、主要なビジネスパフォーマンス指標の分析結果にもとづいて、ページ内に最も効果的なコンテンツを表示します。


クラウドの拡張性とセキュリティ

クラウドのサービスやサポートを提供していますが、複数のデジタルプロパティの展開を管理するためのリソースが不十分です。

実績に裏打ちされた信頼できるクラウド管理に対応しており、ダウンタイムを減らしてアセットを保護できるセキュリティと拡張性を提供しています。展開、パフォーマンスアップグレードおよび監視に精通する専門家が、デジタルプロパティを迅速に展開するためのサポートを提供します。


Select


Prime


Ultimate


次の項目をお持ちのエンタープライズの場合

最新の分析プラクティス

確立された分析プラクティス

高度な分析プラクティス

Analysis Workspaceを使用した高度分析
データ表、ビジュアリゼーション、およびコンポーネント(チャネル、ディメンション、指標セグメント、および時間粒度)を何個でもプロジェクトにドラッグ&ドロップできます。

Adobe Analytics Select

エンタープライズ規模の分析でオーディエンスを発見
正確かつタイムリーでインサイトに富んだデータによる意思決定を支援します。ドラッグ&ドロップ操作によってセグメントを作成し、カスタマイズ可能なレポートを得ることで価値の高い顧客を発見し、その顧客とつながるための最適な方法を見つけます。

Adobe Analytics Prime

エンタープライズ企業向けのマルチチャネル顧客インテリジェンス
あらゆるチャネルをまたぐリアルタイムなデータによって、顧客を理解し、新しいインサイトを見つけて課題を特定します。モバイル アプリの有効性を計測して、あらゆるデバイスで顧客がデジタルエクスペリエンスとどのように関わっているかを把握します。

Adobe Analytics Select

エンタープライズレベルの分析
正確かつタイムリーでインサイトに富んだデータによる意思決定を支援します。ドラッグ&ドロップ操作によってセグメントを作成し、カスタマイズ可能なレポートを得ることで価値の高い顧客を発見し、その顧客とつながるための最適な方法を見つけます。

Adobe Analytics Select

エンタープライズレベルの分析
正確かつタイムリーでインサイトに富んだデータによる意思決定を支援します。ドラッグ&ドロップ操作によってセグメントを作成し、カスタマイズ可能なレポートを得ることで価値の高い顧客を発見し、その顧客とつながるための最適な方法を見つけます。

Adobe Analytics Select

エンタープライズレベルの分析
正確かつタイムリーでインサイトに富んだデータによる意思決定を支援します。ドラッグ&ドロップ操作によってセグメントを作成し、カスタマイズ可能なレポートを得ることで価値の高い顧客を発見し、その顧客とつながるための最適な方法を見つけます。

Adobe Analytics Select

エンタープライズレベルの分析
正確かつタイムリーでインサイトに富んだデータによる意思決定を支援します。ドラッグ&ドロップ操作によってセグメントを作成し、カスタマイズ可能なレポートを得ることで価値の高い顧客を発見し、その顧客とつながるための最適な方法を見つけます。

他社製品
複数のUIとインターフェイスを提供しており、コンテンツを再利用できるプラットフォームもありますが、プロセスには改善の余地が大いにあります。

Adobe Experience Manager Sites
使いやすいドラッグ&ドロップ方式の環境で、効率的にコンテンツのオーサリングと再利用をおこない、本番対応コンポーネントを利用できるほか、マーケティングチームとITチームが連携してエクスペリエンスを効率よく構築できる共同作業用の機能も備えています。

他社製品
マルチチャネル配信に対応していますが、CMSの作成およびプレゼンテーションレイヤーが密接に関連付けられているので、ほとんどの製品は幅広いチャネルやフォーマットに対応できなかったり、機能が不足していたりして、様々なチャネルにエクスペリエンスを適応させることができません。

Adobe Experience Manager Sites
ハイブリッドな配信手法を採用しており、コンテンツフラグメント、エクスペリエンスフラグメント、APIおよびAdobe Senseiの機械学習を利用して、既存のチャネルと新興のチャネルを含め、様々な顧客接点およびフォーマット全体にわたってパーソナライズされたエクスペリエンスを最適な形で提供できます。

他社製品
パーソナライゼーションとワークフローの自動化に機械学習を使用していますが、顧客の関心に最も適したコンテンツを提供するためのターゲティング機能の精度に難があります。

Adobe Experience Manager Sites
Adobe Senseiの人工知能を利用してページのサイズ、レイアウトおよびテキストを最適化し、重要なビジネスパフォーマンス指標の分析結果にもとづいて、ページ内に最も効果的なコンテンツを表示します。

他社製品
クラウドのサービスやサポートを提供していますが、複数のデジタルプロパティの展開を管理するためのリソースが不十分です。

Adobe Experience Manager Sites
実績に裏打ちされた信頼できるクラウド管理に対応しており、ダウンタイムを減らしてアセットを保護できるセキュリティと拡張性を提供しています。展開、パフォーマンスアップグレードおよび監視の管理に関する専門家が、デジタルプロパティを迅速に展開するためのサポートを提供します。

 

アナリストによる比較

The Forrester Wave™:デジタルアセット管理と顧客エクスペリエンス、2018年第2四半期

Gartnerのwebコンテンツ管理のマジッククアドラント(2018年)

Gartnerのデジタルエクスペリエンスプラットフォームのマジッククアドラント(2018年)

「Adobe Experience Managerと他のCMSとの根本的な違いは、その使いやすさです」

Kamran Shah氏(Silicon Labs、コーポレートマーケティングディレクター)

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。