コンテンツインサイト

コンテンツインサイトでは、web分析とSEOのレコメンデーションを利用し、作成したページごとのパフォーマンスデータを確認します。合計ページビュー数や実訪問者数、ページでの滞在時間、バウンス数、ソース、キャンペーンのパフォーマンスなどのデータをレポートで確認し、コンテンツに関する意思決定を向上させます。


検索ランキングの最上位に上り詰める

ページを公開してからが本番です。ページごとのパフォーマンスを把握し、変更を加えて改善していく必要があります。そうした変更がパフォーマンスにどう影響したのかを調べる必要もあります。しかし、分析すべきページは無数にあり、必要なデータの検索に膨大な時間を費やすことはできません。正確なデータを容易に見つけられる機能が必要です。

コンテンツインサイトを利用すれば、合計ページビュー数や実訪問者数、ページでの滞在時間、バウンス数、ソース、キャンペーンのパフォーマンスなどのデータをレポートで確認できます。コンテンツインサイトのレイアウトは、デバイスのサイズや向きに合わせて変化するので、外出中でも情報を確認できます。これらの情報は、ただのデータではありません。SEOに必要なインサイトとレコメンデーションなのです。

次のような機能があります

次のような機能があります

ページレベルのインサイト
作成したページごとのデータを確認し、特定のオファーやキャンペーンを改善できます。

SEOのレコメンデーション
チェックリストを参照し、検索エンジンによる見つけやすさを高める特徴のうち、どの特徴がページに含まれているかを確認できます。このレポートでは、検索エンジンによる見つけやすさを高めるために、ページに追加すべき特徴も確認できます。

キャンペーンレベルのインサイト
対象のページが含まれている各キャンペーンのデータを表示し、ターゲットセグメントごとのページのインプレッション数やコンバージョン数を確認できます。

レポート期間のカスタマイズ
日単位、週単位、月単位、年単位など、レポートに表示するデータの期間を設定できます。期間を変更するとレポートが自動的に更新され、各期間のパフォーマンスを視覚的に比較できます。

様々なタイプのレポート
ページビュー数、利用者のページへのアクセス経路、バウンス数、平均ページ滞在時間など、詳細なデータを含む様々なレポートを選択できます。

 

コンテンツインサイトの詳細

レポート機能の基本

コンテンツインサイトの利点

ページビュー、エンゲージメント、ソース、バウンス数などを確認して、webページを分析する方法をご覧ください。

さらに詳しく

ページのパフォーマンスを分析

レポート期間の設定方法、開発者へのSEOタスクの割り当て方、ページの見つけやすさの改善方法などをご覧ください。

さらに詳しく

パーソナライズされたカスタマージャーニーを構築

関連機能

レスポンシブwebデザイン

レイアウトやテキストサイズ、コンテンツ、ナビゲーション、画像などの要素が顧客のデバイスに合わせて自動的に調整され、チャネルをまたいで無制限に再利用できるwebデザインを実現します。

ルールベースターゲティング

位置情報や訪問者の行動属性などのリアルタイムデータにもとづくルールを使用して、特定のグループに属するサイト訪問者を瞬時にターゲティングし、すぐに利用できるツールを使用して最適なコンテンツを提供します。コーディングの必要はほとんどありません。

ターゲティングインサイト

オーディエンスごとのコンバージョン率や平均注文額(AOV)、訪問者あたりの売上(RPV)、エンゲージメントなどに関するレポートを活用すれば、マーケティング活動の成果を正確に把握できます。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。